YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2021-07-08 (木)


[一語一絵/ツーリング/2015]

阿蘇パトロール / 2015-09-29 (火)

個別記事で航跡ログが表示されます

F800ST9月14日に噴火した阿蘇のパトロールを実施。

バッテリーとエンジンだけはケアしてきたが、2014年9月のGPS実地評価以来、1年ぶりの再起動となるので、何はともあれストレッチで体をほぐして9時にスタート。ブレーキフィールを確認しながら期末で混雑するR3を南下して、まずはENEOSセルフ太宰府で給油142円/L&空気補充。

針摺からは県道112号福岡日田線R200バイパスを挟んで県道77号筑紫野三輪線にスイッチ。昨日から高めに推移している気温は23℃で陽射しの下では意外と暑い。R386甘木朝倉バイパスも観光バスを先頭にするコンボイを余儀なくされるので、たまらずファミリーマート甘木三奈木店で休憩。

県道80号甘木朝倉田主丸線の次は待望の土手ロード。自制しつつ筑後川沿いの土手をバヒューンと快走。県道511号吉井恵蘇宿線から県道588号甘木吉井線県道81号久留米浮羽線県道749号保木吉井線と繋がる定番ルートを快速モードで。

あか牛丼
山水亭にて

R210に入った後、大宮交差点を右折し、R212にスイッチ。松原ダムを直進して県道12号天瀬阿蘇線へ。

トラック2台をパスした後は順調。オートポリスをかすめ尾ノ岳を超えて正午過ぎにミルクロードへ接続。ところどころで久々の絶景をカメラに収めながら気持ち良く快走し、県道11号別府一の宮線(通称:やまなみハイウェイ)を左へターン。

山水亭では新メニューの「あか牛丼」1,500円にチャレンジ。味もボリュームも文句なしだが、やはり値段からするとそんなもんかな…という感じで、個人的にはやはり「あんかけチャーハン」の王座は揺るがないかな。

そして、[External]どこでもかふぇTONCHANで一息入れた後、14時過ぎに帰投。

R442を西進。ファームロードwaitaR387スカイファームロードひたの定番ルートは落石に注意しながら快速キープ。日田側の県道674号岩戸五馬日田線との合流部に信号が設置されていた以外、特に工事規制などを含めて変化は無かった。

大宮交差点の旧日田一品街改めセブンイレブン日田高瀬店はスキップし、R210県道749号保木吉井線県道81号久留米浮羽線県道588号甘木吉井線県道511号吉井恵蘇宿線と進行し、恵蘇宿橋を渡り、[External]三連水車の里 あさくらで一息。

その後、R386甘木朝倉バイパス県道77号筑紫野三輪線へ。ようやく接続が完成した県道76号筑紫野太宰府線に繋いで梅大路に下りたものの、バイクですり抜けできるから何となったが、梅大路五条渋滞は相変わらずでクルマだとタイムロスは必至。県道35号筑紫野古賀線県道68号福岡太宰府線に抜けるのが無難だろう。

朱雀大路からR3にスイッチした後はラストスパートで、17時12分に帰着。何はともあれ無事これ名馬な286kmのブラボーツーリングだった。


[一語一絵/ツーリング/2015]

壱岐島で海水浴 / 2015-08-03 (月)

個別記事で航跡ログが表示されます

昨日の[External]筒城浜海水浴場と共に[External]快水浴場百選に選ばれている[External]辰ノ島海水浴場へ。

辰ノ島海水浴場(P8038474.JPG)
[External]辰ノ島海水浴場にて

北側の勝本港から渡船が出ているのだが、9時に[External]壱岐島荘から勝本港まで無料で送ってもらい、9時半の船に乗船。10分ほどで辰ノ島へ到着。

まだ午前中ということもあって水が少し冷たかったが、その分静かなビーチを堪能。

12時40分の渡船で勝本港へ戻り、大幸物産でお昼をちゃちゃっと済ませ、タクシーを呼んでもらって帰りのフェリーが出る芦辺港へ移動。ちなみにタクシー代は2,550円。

16時20分のフェリー「ちくし」で揺られること、2時間10分。18時半に博多港到着。

駐車場代もマリンメッセ福岡近くで600円/24Hの[External]NPC24H石城町パーキングを活用し、1,200円で済んだ。

この旅で活用した[External]九州郵船のアイランドパック。この夏、国の地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金を活用した長崎県誘客拡大事業[External]長崎県のふるさと割により宿泊代金に3,000円が助成されるのに加えて、2,000円分の「しまとく通貨」までプレゼントされるので、週末を除き一人5,000円ほどお得になる。

国民宿舎で港やビーチまで送迎してくれたので、わざわざ自家用車を載せてきたり、レンタカーを借りる必要もなく、現金で払ったのはタクシー代と駐車場代くらいなので、家族4人分の旅費交通費はなんと2万5千円ほどで収まった計算だ。

【参照】
●九州郵船 https://www.kyu-you.co.jp/
アイランドパック 壱岐・対馬 2015
●ながさき旅ネット http://www.nagasaki-tabinet.com/
長崎県のふるさと割
●壱岐観光ナビ http://www.ikikankou.com/
筒城浜海水浴場
辰ノ島海水浴場
●国民宿舎 壱岐島荘 http://ikijimasou.com/
●環境省 https://www.env.go.jp/
快水浴場百選
●壱岐市 http://www.city.iki.nagasaki.jp/


[一語一絵/ツーリング/2015]

壱岐島で海水浴 / 2015-08-02 (日)

個別記事で航跡ログが表示されます

今日から1泊2日で壱岐へ海水浴。

魚眼パノラマ写真 by Nexus 5
[External]筒城浜海水浴場にて

博多港からフェリー「きずな」に2時間20分ほど揺られて郷ノ浦港へ。波は穏やかで子供達はデッキを走り回って大騒ぎ。やっぱり高速艇ではなくフェリーにして正解だったな。

宿泊はクルマで約15分ほど離れた湯ノ本地区の[External]国民宿舎 壱岐島荘だが、無料のお迎えがあり13時前に[External]国民宿舎 壱岐島荘到着。

当然チェックインにはまだ早いので、近くのビーチにでも出掛けようと思ってたところ、[External]快水浴場百選に選ばれている昨日の[External]筒城浜(つつきはま)海水浴場まで送迎して頂いた。

【参照】
●九州郵船 https://www.kyu-you.co.jp/
アイランドパック 壱岐・対馬 2015
●ながさき旅ネット http://www.nagasaki-tabinet.com/
長崎県のふるさと割
●壱岐観光ナビ http://www.ikikankou.com/
筒城浜海水浴場
辰ノ島海水浴場
●国民宿舎 壱岐島荘 http://ikijimasou.com/
●環境省 https://www.env.go.jp/
快水浴場百選
●壱岐市 http://www.city.iki.nagasaki.jp/