YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2022-06-20 (月)


[一語一絵/IT系]

Celeron G5905調達 / 2022-06-20 (月)

[External]Yahoo!おトク宝箱[External]PayPayフリマの「1,111円引きクーポン」をGet。

☆未使用品☆Intel Celeron G5905 LGA1200☆純正クーラー付き☆
[External]PayPayフリマより

…なわけで、[External]PayPayフリマASUS Pro H510M-C/CSM用に[External]LGA1200対応のCPUを物色していたところ、[External]LGA1200対応の『☆送料無料☆未使用品☆Intel Celeron G5905 LGA1200☆純正クーラー付き☆#4』を発見。

2コア/2スレッドのローエンドだが、UHD Graphics 610なGPU内蔵なのでCore i3 10105のバックアップ要員として役に立ちそうだ。

送料込3,869円ならば悪くないよね、というわけでポチッとな。

【参照】
●価格.com https://kakaku.com/
ソケット形状:LGA1200 インテル(intel)のCPU 比較 2022年人気売れ筋ランキング (世代:第10世代,世代:第11世代,統合グラフィックス:あり)
インテル Celeron G5905 BOX 6,160円
インテル Pentium Gold G6400 BOX 7,480円
インテル Core i3 10105 BOX 14,580円
●AKIBA PC Hotline! https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/
第10世代Coreプロセッサーが計14製品発売、省電力モデルやCore i3など 2020年5月27日
Intelの安価なCPU「Celeron G5925/G5905」がデビュー、LGA1200対応 2020年9月4日
●Intel https://www.intel.com/
インテル® Core™ i3-10105 プロセッサー
インテル® Celeron® プロセッサー G5905
●Intel https://ark.intel.com/
製品の開発コード名 Comet Lake
Intel Core i3 10105 Processor 6M Cache up to 4.40 GHz
Intel Celeron Processor G5905 4M Cache 3.50 GHz 製品仕様
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
インテル
マイクロプロセッサ
ハイパースレッディング・テクノロジー
Intel Quick Sync Video
Intel Celeron
LGA1200


[一語一絵/IT系]

E3-1246 v3調達 / 2022-06-20 (月)

昨日見つけた「Intel Xeon E3-1246 v3 SR1QZ LGA1150 Haswell 3.50GHz」。

Intel Xeon E3-1246 v3 SR1QZ LGA1150 Haswell 3.50GHz
[External]ヤフオク!より

ブーストクロックはXeon E3-1275L v3と同じ3.90 GHzだが、こちらはベースクロックが3.50 GHzなので、TDPは若干大きい85Wとなる。

3番手の[External]Xeon E3 v3 ファミリーは不要かな…とも思ったが、すでに生産完了してしまった絶版製品なので5,000円台ならリスク回避としてストックしておいても損はないかと考え直し。

こちらも開始価格で入札しておいたところ、無事落札に成功。税・送料込5,640円で調達。

【参照】
●Intel https://www.intel.com/
インテル® Xeon® プロセッサー E3-1246 v3
インテル® Xeon® プロセッサー E3-1265L v3
インテル® Xeon® プロセッサー E3-1275L v3
●Intel https://ark.intel.com/
製品の開発コード名 Haswell
製品仕様 インテル® Xeon® プロセッサー E3 v3 ファミリー
Intel Xeon Processor E31246 v3 8M Cache 3.50 GHz 製品仕様
Intel Xeon Processor E31265L v3 8M Cache 2.50 GHz 製品仕様
Intel Xeon Processor E31275L v3 8M Cache 2.70 GHz 製品仕様
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
インテル
マイクロプロセッサ
Haswellマイクロアーキテクチャ
Intel Quick Sync Video
Xeon
LGA1150


[一語一絵/IT系]

E3-1275L v3調達 / 2022-06-19 (日)

[External]ヤフオク!の200円引きクーポンが届いたので、ASUS Pro H510M-C/CSM用に[External]LGA1200対応のCPUを物色開始。

★Intel Xeon E3-1275L V3 (4コア/8スレッド) LGA1150 省電力CPU 中古★
[External]ヤフオク!より

まだ2世代前では手頃な価格には程遠いな~と、何気なく[External]LGA1150対応の[External]HaswellなCPUも調べたところ、「Intel Xeon E3-1246 v3 SR1QZ LGA1150 Haswell 3.50GHz」と、「Intel Xeon E3-1275L V3 (4コア/8スレッド) LGA1150 省電力CPU」を発見。

2018年のXeon E3-1265L v3と同じく、4コア/8スレッドで「インテル® HD グラフィックス」内蔵な[External]Xeon E3 v3 ファミリーなので、バックアップ要員にもってこいだ。

最高クロックは同じ3.90 GHzだが、ベースクロックが2.70 GHzと低い1275Lの方がTDP 45W。ちょっと割高だが、エコフレンドリーなCPUは流通量が少なく入手も困難だ。

開始価格で落札できるようならこれも縁という事で入札してたところ、無事7,000円で落札に成功。クーポン値引き・送料込6,800円で調達。

【参照】
●Intel https://www.intel.com/
インテル® Xeon® プロセッサー E3-1246 v3
インテル® Xeon® プロセッサー E3-1265L v3
インテル® Xeon® プロセッサー E3-1275L v3
●Intel https://ark.intel.com/
製品の開発コード名 Haswell
製品仕様 インテル® Xeon® プロセッサー E3 v3 ファミリー
Intel Xeon Processor E31246 v3 8M Cache 3.50 GHz 製品仕様
Intel Xeon Processor E31265L v3 8M Cache 2.50 GHz 製品仕様
Intel Xeon Processor E31275L v3 8M Cache 2.70 GHz 製品仕様
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
インテル
マイクロプロセッサ
Haswellマイクロアーキテクチャ
Intel Quick Sync Video
Xeon
LGA1150


[一語一絵/IT系]

IRKit独立 / 2022-06-11 (土)

2014年1月から12800台が生産され、2017年11月25日に完売した[External]IRKitだが、なんと4月に[External]サービス終了の案内が出ていた事に気づいた。

IRKit
2016年に購入したIRKit

2016年に調達した手元のIRKit3月に復活したばかりだが、最初にサーバに接続してからでないと"Device HTTP API"すら使えなくなるという事で、打つ手なし。

と思いきや、

幸いにもIRKitのファームウェアはオープンソースであり、この問題を解決してくれた方がいらっしゃいます。 こちらのpull request https://github.com/irkit/device/pull/6 を書き込むと useCloudControl という設定をfalseにしてビルドすることで、サーバに接続する機能を停止します。この時ローカルネットワークは使えます。
という救済策が案内されていたので、早速 [External]GitHub - acourreges/device からファームウェアを入手してファームアップにトライ。

出荷時に設定されるWi-Fiアクセスポイントのパスワードとバージョン情報を適当に設定して、arduino-1.8.10でアップロード。

しかし、IRKitは再起動しても一向にLEDが赤明滅にならず。青点灯して消灯となってしまったのでRebootを繰り返しているものと思っていたのだが、アクセスポイントの接続状態をチェックしたところ以前の設定通り自宅のWiFiに繋がっていることが判明。pingでも応答があるし、curlにも従前通り反応。レスポンスヘッダのServer行で出力されるバージョンでもファームアップできていることが確認できた。

というわけで、自宅のWiFi接続情報が消えてなかったので、ファームアップしてもファクトリーリセットではないという事らしい。

ただavahi-browseに反応しなくなっていたので、setupMDNSだけはuseCloudControlの設定に依らず効くように変更し、最終的に変更点は以下の通り。

yano@GT110b:~/IRKit$ git clone https://github.com/acourreges/device.git
yano@GT110b:~/IRKit$ cd ~/IRKit/device
yano@GT110b:~/IRKit/device$ vi firmware/src/IRKit/GSwifi.cpp firmware/src/IRKit/IRKit.ino firmware/src/IRKit/cert.h
yano@GT110b:~/IRKit/device$ git diff -b
diff --git a/firmware/src/IRKit/GSwifi.cpp b/firmware/src/IRKit/GSwifi.cpp
index b6ed100..97713bf 100644
--- a/firmware/src/IRKit/GSwifi.cpp
+++ b/firmware/src/IRKit/GSwifi.cpp
@@ -1093,7 +1093,7 @@ int8_t GSwifi::startLimitedAP () {
     command(PB("AT+NSET=192.168.1.1,255.255.255.0,192.168.1.1",1), GSCOMMANDMODE_NORMAL);

     // password area overwritten in factory
-    cmd = PB("AT+WPAPSK=IRKitXXXX,XXXXXXXXXX",1);
+    cmd = PB("AT+WPAPSK=IRKit41D9,2041357304",1);
     strcpy( cmd+10, hostname() );
     cmd[19] = ',';
     command(cmd, GSCOMMANDMODE_NORMAL, GS_TIMEOUT_LONG);
diff --git a/firmware/src/IRKit/IRKit.ino b/firmware/src/IRKit/IRKit.ino
index 2351b59..1342f0a 100644
--- a/firmware/src/IRKit/IRKit.ino
+++ b/firmware/src/IRKit/IRKit.ino
@@ -315,14 +315,14 @@ void connect() {

     if (gs.isListening()) {

+        // start mDNS
+        gs.setupMDNS();
+
         if (!config::useCloudControl) {
             // No WAN access, we don't need to validate key, we're ready.
             IR_state( IR_IDLE );
             on_irkit_ready();
         } else {
-            // start mDNS
-            gs.setupMDNS();
-
             if (keys.isAPIKeySet() && ! keys.isValid()) {
                 irkit_httpclient_post_door();
             }
diff --git a/firmware/src/IRKit/cert.h b/firmware/src/IRKit/cert.h
index cf6dcb3..01fc839 100644
--- a/firmware/src/IRKit/cert.h
+++ b/firmware/src/IRKit/cert.h
@@ -20,7 +20,7 @@
#include "GSwifi_const.h"

// deviceapi.getirkit.com
-prog_uchar der[] PROGMEM = {
+const char der[] PROGMEM = {
     ESCAPE, 'W',
     0x30, 0x82, 0x2, 0xed, 0x30, 0x82, 0x2, 0x56,
     0xa0, 0x3, 0x2, 0x1, 0x2, 0x2, 0x9, 0x0,
diff --git a/firmware/src/IRKit/config.h b/firmware/src/IRKit/config.h
index 2888117..89fa3f6 100644
--- a/firmware/src/IRKit/config.h
+++ b/firmware/src/IRKit/config.h
@@ -31,13 +31,13 @@ namespace config {
     } LedFeedbackProfile;

     // Defines what kind of LED profile you want.
-    const LedFeedbackProfile ledFeedback = LED_QUIET;
+    const LedFeedbackProfile ledFeedback = LED_VERBOSE;

     // Enables/disables cloud-control through the "deviceapi.getirkit.com" server.
     // If you use your IRKit device exclusively over your LAN, you can disable
     // this option: the device won't send regular polling requests to the cloud server.
     // This also lets you setup your device without internet access (no need for a valid device key).
-    const bool useCloudControl = true;
+    const bool useCloudControl = false;

}

yano@GT110b:~/IRKit/device$

サーバに接続しなくなるとiOSやAndroidのアプリも使えなくなるかと思いきや、同一LAN配下であればそのまま使えるようだ。

【参照】
●IRKit http://getirkit.com/
Device HTTP API
Internet HTTP API
●maaash.jp https://maaash.jp/
IRKit Internet HTTP APIと販売開始に向けて 2014年1月
IRKitリリース!そして再入荷予定について 2014年1月
IRKitの脆弱性とファームウェアアップデートのお願い 2015年9月
Nature RemoのKickstarterを開始しました 2016年5月
IRKitサービス終了(そろそろ) 2022年4月23日
●ICT備忘録 http://category7.blog.fc2.com/
IRKit の LEDの光 と Cloud Serverへのアクセス をオフにしてみた。 2015年8月15日
●GitHub https://github.com/
IRKit
irkit/device: Infrared-WiFi-HTTP bidirectional proxy device
acourreges/device: Infrared-WiFi-HTTP bidirectional proxy device
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
Arduino
マルチキャストDNS
Bonjour


[一語一絵/IT系]

Mirakurun / 2022-06-09 (木)

ASRock H97 Pro4にXeon E3-1265L v3を載せたHaswellにPT3を入れ、テレビ録画サーバ機能を構築。

Mirakurun 3.9.0-rc.2
[External]Chinachu/Mirakurun

mirakurunとepgstationをDockerで扱う[External]l3tnun/docker-mirakurun-epgstationが楽チンっぽいので、あやかる事に。

最初はearth_pt3が動かなくて悩んだのだが、kernel 5.4で起動するとearth_pt3が動いたので、調べたところ5.13系の.koファイル自体が無かった。結局

$ KVERSION="5.13.0-44-generic"
$ sudo apt install -y linux-image-${KVERSION} ¥
                      linux-headers-${KVERSION} ¥
                      linux-modules-${KVERSION} ¥
                      linux-modules-extra-${KVERSION}
とする事で解決したので、どうやら5.13.0のkernelを入れる時にlinux-modules-extraを入れ忘れてたっぽい。

何はともあれ[External]l3tnun/docker-mirakurun-epgstationをgit clone。
~$ mkdir ~/mirakurun
~$ cd ~/mirakurun
~/mirakurun$ git clone https://github.com/l3tnun/docker-mirakurun-epgstation.git
~/mirakurun$ cd ~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ cp docker-compose-sample.yml docker-compose.yml
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ cp epgstation/config/config.yml.template epgstation/config/config.yml
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ cp epgstation/config/operatorLogConfig.sample.yml epgstation/config/operatorLogConfig.yml
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ cp epgstation/config/epgUpdaterLogConfig.sample.yml epgstation/config/epgUpdaterLogConfig.yml
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ cp epgstation/config/serviceLogConfig.sample.yml epgstation/config/serviceLogConfig.yml
「ホスト上の pcscd は使わない」という事だが、そのまま背面のUSBポートにBCAS用のICカードリーダー"SCR3310"を挿し、docker-compose.ymlに設定を追加。
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ lsusb | grep SCR3310
Bus 003 Device 010: ID 04e6:5116 SCM Microsystems, Inc. SCR331-LC1 / SCR3310 SmartCard Reader
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ diff -bc docker-compose-sample.yml docker-compose.yml
*** docker-compose-sample.yml   2022-06-09 23:28:43.268877266 +0900
--- docker-compose.yml  2022-06-09 23:29:19.128140365 +0900
***************
*** 16,21 ****
--- 16,22 ----
          devices:
              - /dev/bus:/dev/bus
              - /dev/dvb:/dev/dvb
+             - /dev/bus/usb/003/010 # card reader
          restart: always
          logging:
              driver: json-file
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ docker-compose run --rm -e SETUP=true mirakurun
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$ docker-compose up -d
~/mirakurun/docker-mirakurun-epgstation$

[External][メモ] Mirakurunのチャンネル設定[External]福岡県デジタルテレビチャンネル周波数ガイドを見ながらチャンネル設定。[External]須恵テレビ中継局のチャンネル変更についてによると2014年にKBCとFBSはチャンネルが変わっているようだが、ウチではFBSは元の32chの方が信号強度が高かった。

それと、BS松竹東急、BSJapanext、BSよしもと、も開局してたな。

【参照】
●Simple Life in the digital age https://www.digital-den.jp/simplelife/
2022年1月版 15分でできる自宅録画サーバー(Ubuntu 20.04)
●エヴァコレ雑記 https://evacore.info/
【初心者向け】Ubuntu20.04とPT3環境にDocker-MirakurunでTVサーバーを構築する 2022年3月29日
●空気録学電子版【公式】 https://medium.com/chinachu/
Mirakurun 3.0.0 “Night Whale” リリースのお知らせとインストール方法 2020年6月16日
●Qiita https://qiita.com/
ESXi & PT2と Ubuntu20.04 & Dockerで Mirakurunインストール 2022年2月21日
TVを録画するためRaspberry Pi4にdocker-mirakurun-epgstationをインストールする 2022年3月23日
[メモ] Mirakurunのチャンネル設定 2022年5月30日
●GitHub https://github.com/
Chinachu/Mirakurun: A Modern DVR Tuner Server for Japanese TV.
l3tnun/docker-mirakurun-epgstation: Mirakurun + EPGStation on Docker
●GitHub Gist https://gist.github.com/
mirakurun BSCSチャンネル設定(2022/03/09現在)
●でんぱでーた on Web http://www.denpa-data.com/denpadata/
福岡県デジタルテレビチャンネル周波数ガイド
●九州総合通信局 https://www.soumu.go.jp/soutsu/kyushu/
須恵テレビ中継局のチャンネル変更について 2014年6月12日
●Wikipedia https://en.wikipedia.org/wiki/
Video Acceleration API