YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2019-10-07 (月)


[一語一絵/IT系]

Cascade Lake / 2019-10-03 (木)

[External]米Intelが第10世代目のCore Xシリーズプロセッサを発表。

Intel、“半額”になった新「Core X」シリーズプロセッサ
[External]PC Watch記事より

[External]Cascade Lakeマイクロアーキテクチャ製品なら[External]1月にCascade Lake-SPが出荷されてたはずなので、世代的は9じゃないの?ホントに10世代なの?と混乱してしまったのだが、Cascade Lake-SPは[External]第2世代インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサーで、今回のCascade Lake-XはCore™ シリーズとして「第10世代目」という位置付けになるそうで、相変わらずややこしいな。

深層学習向けの「Intel Deep Learning Boost」対応というのが[External]Cascade Lakeの一番のトピックスだったのだが、

前世代の18コア/36スレッドCPU「Core i9-9980XE」では1,979ドルと1コアあたり109.9ドルという価格設定だったが、今回はCore i9-10980XEで1コアあたり54.4ドルと、競合するAMDの第2世代「Ryzen Threadripper」シリーズの2990WX(1,799ドル/1コアあたり56.2ドル)や2970WX(1,299ドル/同54.125‬ドル)などと同水準まで価格が大きく引き下げられている。
というのが一番のインパクト。こっちはわかりやすい。

【参照】
●PC Watch https://pc.watch.impress.co.jp/
年末登場の「Cascade Lake」は深層学習推論性能がSkylake-SPの11倍に ~2019年に14nmのCooper Lake、2020年に10nmのIce Lakeを投入 2018/08/09
【イベントレポート】Intel、Cascade Lake-SPを出荷開始 2019/01/09
Intel、最大56コアになった第2世代Xeonスケーラブル・プロセッサ ~DL Boost搭載でDL推論性能が向上 2019/04/23
【笠原一輝のユビキタス情報局】第10世代Coreの複雑怪奇なプロセッサナンバーを理解する 2019/08/21
Intel、“半額”になった新「Core X」シリーズプロセッサ ~最大18コアで979ドル 2019/10/02
●北森瓦版 https://northwood.blog.fc2.com/
Intel “Cascade Lake-X”を発表―最上位のCore i9 10980XEは$979 2019/10/02
●ASCII.jp https://ascii.jp/
ロードマップでわかる!当世プロセッサー事情
謎のコードネームCascade Lake-Xの正体は? インテル CPUロードマップ 2018/01/29
●インテル 製品の情報源 https://ark.intel.com/ja
製品の開発コード名 Cascade Lake
製品の開発コード名 Ice Lake
製品の開発コード名 Comet Lake
●Intel https://www.intel.com/
Cascade Lake: Overview
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
Intel Core
マイクロアーキテクチャ
インテル ターボ・ブースト・テクノロジー
Skylakeマイクロアーキテクチャ
Kaby Lakeマイクロアーキテクチャ
Coffee Lakeマイクロアーキテクチャ
Icelakeマイクロアーキテクチャ
Cascade Lakeマイクロアーキテクチャ


[一語一絵/IT系]

iPhone UWB / 2019-09-25 (水)

先日発表された[External]iPhoneの新モデル「iPhone 11」。

iPhone 11は$699から
[External]Apple Special Eventより

気になる[External]iPhone 11のWi-Fi 6とUWB仕様詳細が明らかに。

 AppleがFCC(連邦通信委員会)に提出した検証データから、iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Maxは、802.11ax HE80 2TX(2x2 80MHz、最大1.2Gbps)クライアントデバイスだと確認できた。
 Wi-Fi 6仕様としては、160MHz(2x2の場合で最大2.4 Gbps)もあるが、iPhone 11シリーズでは検証が行われていないことから、160MHzは非対応と考えられる。
 また、iPhone 11らに搭載されたU1チップによって利用可能になるUWB(Ultra-Wide band)は、「6.24GHz」と「8.2GHz」の2つに対応しているため、日本では8.2GHz帯が使用されていると考えられる。
 また、送信コードは、1ビット毎の拡散に対応した「BPSK」と、2ビット毎の拡散に対応した「4BOK」に対応していることも確認できる。
との事。

早速[External]iOS 13.1でUWB使ったAirDropができるようになったそうな。

【参照】
●ITmedia NEWS https://www.itmedia.co.jp/news/
進化するAppleの地図 その中身が明らかに 2018/07/02
Apple、落とし物トラッカー「B389」を開発中? 2019/04/18
Appleが純正落し物追跡タグ? 2019/09/01
UWBを搭載したiPhone 11はセカイカメラの夢を見るか? 2019/09/11
iPhone 11のWi-Fi 6とUWB仕様詳細が明らかに 2019/09/18
iOS 13.1にアップデート UWB使ったAirDrop使用可能に 2019/09/25
●Engadget 日本版 https://japanese.engadget.com/
iPhone 11搭載のU1チップ、スマートキーのセキュリティも高める?専門家が解説 2019/09/17
●ギズモード・ジャパン https://www.gizmodo.jp/
Appleが紛失防止タグを開発中? 財布もiPhoneで探せるようになるかも 2019/04/18
【更新終了】iPhone 11&iPhone 11 Proきた!!「Apple Special Event」リアルタイム更新 2019/09/11
ウルトラワイドバンドって何? iPhone 11はどう変わる? 2019/09/18
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
iPhone
iBeacon
超広帯域無線


[一語一絵/IT系]

RAID5解放 / 2019-09-24 (火)

ReadyNASに構築した6TB×4台で16.5TBのRAIDに無事録画データが移行できたので、3TB×5構成でRAID5な11TBドライブを解放。

まず/etc/samba/smb.confの共有設定をコメントアウトしたあと、restartしてマウントも解除。

root@GT110b:~# service smbd restart
smbd stop/waiting
smbd start/running, process 8215
root@GT110b:~# umount /mnt/raid
root@GT110b:~#
そしてmdadmでRAIDの停止。
root@GT110b:~# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
md0 : active raid5 sdf[0] sde[5] sdi[4] sdh[2] sdg[1]
      11720540160 blocks super 1.2 level 5, 512k chunk, algorithm 2 [5/5] [UUUUU]

unused devices: <none>
root@GT110b:~#
root@GT110b:~# mdadm -D /dev/md0
/dev/md0:
        Version : 1.2
  Creation Time : Thu Jul 20 23:01:38 2017
     Raid Level : raid5
     Array Size : 11720540160 (11177.58 GiB 12001.83 GB)
  Used Dev Size : 2930135040 (2794.39 GiB 3000.46 GB)
   Raid Devices : 5
  Total Devices : 5
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Wed Sep 25 01:35:53 2019
          State : clean
Active Devices : 5
Working Devices : 5
Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 512K

           Name : GT110b:0  (local to host GT110b)
           UUID : 81328295:5f1fa0c2:b3535462:79680794
         Events : 388988

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8       80        0      active sync   /dev/sdf
       1       8       96        1      active sync   /dev/sdg
       2       8      112        2      active sync   /dev/sdh
       4       8      128        3      active sync   /dev/sdi
       5       8       64        4      active sync   /dev/sde
root@GT110b:~#
root@GT110b:~# mdadm --misc --stop /dev/md0
mdadm: stopped /dev/md0
root@GT110b:~#
root@GT110b:~# cat /proc/mdstat
Personalities : [linear] [multipath] [raid0] [raid1] [raid6] [raid5] [raid4] [raid10]
unused devices: <none>
root@GT110b:~# mdadm --misc --zero-superblock /dev/sd[efghi]
root@GT110b:~#
最後にparted
root@GT110b:~# parted /dev/sd[efghi]
とパーティションを削除して終了。

【参照】
●☆お便利サーバー.com☆ http://www.obenri.com/
◇mdadmによるRAIDの解除◇
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
RAID
論理ボリュームマネージャ
XFS


[一語一絵/IT系]

キャッシュレス・ポイント還元事業 / 2019-09-21 (土)

[External]店舗一覧が「3608ページのPDF」で使いづらいと酷評を集めて話題となった[External]キャッシュレス消費者還元事業

ポイント還元対象店舗検索アプリ
[External]Google Play の Android アプリより

10月のサービス開始を前に[External]キャッシュレス・ポイント還元事業の公式アプリが公開だそうな。

早速ダウンロードしようと思ったが、[External]Google Play の Android アプリには「ポイント還元対象店舗検索アプリ」という名前で登録されている為、"キャッシュレス"でいくら検索しても出てこないという罠がある。ここは記念と思って[External]キャッシュレス消費者還元事業公式サイトからリンクを辿って頂きたい。

と言いたいところだが、肝心のAppストアへのリンクが下の方でこれまたわかりづらいという2重の罠があり、なんだかなぁというのが率直な印象。

【参照】
●Engadget 日本版 https://japanese.engadget.com/
10月増税後に開始、最大5%還元の「キャッシュレス・消費者還元事業」とは? 2019/09/02
対象店舗を地図で検索。キャッシュレス・ポイント還元事業の公式アプリが公開 2019/09/21
●Impress Watch https://www.watch.impress.co.jp/
「キャッシュレス・消費者還元事業」の加盟店登録申請は43万件 2019/08/23
au PAY、キャッシュレス還元事業に参加。利用者500万人突破 2019/09/12
楽天ペイ、還元なしや2%の店舗も5%に“補填”。ポイント還元事業連動 2019/09/12
「キャッシュレス・ポイント還元事業」ってなに? 10月から最大5%還元 2019/09/18
●ITmedia NEWS https://www.itmedia.co.jp/news/
国の「キャッシュレスでポイント還元」公式サイト、店舗一覧が「3608ページのPDF」で使いづらい→「何とかしたい」とZaimが検索サイト開発、わずか1日で 2019/09/05
国の「キャッシュレスでポイント還元」公式サイト、対象店舗を表示するデジタル地図導入 6000ページ超のPDF廃止 2019/09/20
●ねとらぼ https://nlab.itmedia.co.jp/nl/
国のキャッシュレスポイント還元PRサイト、「使えるお店一覧」から18万店を網羅した3608ページのPDFに飛ばす 2019/09/02
おや!?、PDFのようすが……最新版で「6360ページのPDF」にレベルアップ 国のキャッシュレスポイント還元PRサイト 2019/09/06
●楽天カード https://www.rakuten-card.co.jp/
キャッシュレス・消費者還元事業 楽天カードを利用される皆様
●au WALLET https://wallet.auone.jp/
キャッシュレス・消費者還元事業とは
●キャッシュレス消費者還元事業 https://cashless.go.jp/
消費者の皆様 TOP
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
経済産業省


[一語一絵/IT系]

ハイレゾユーミン / 2019-09-20 (金)

昨年の[External]松任谷由実の全424曲ストリーミング配信開始からまもなく1年。

松任谷由実、荒井由実時代含む全423曲をハイレゾ配信
[External]e-onkyo musicより

[External]待望のハイレゾ配信が解禁。

ハイレゾ・ファン待望の超大型ハイレゾカタログの配信がスタートする。日本のポップスシーンを長きに渡りリードするシンガーソングライター、松任谷由実の新曲“深海の街”に加え、荒井由実時代を含む全423曲がハイレゾで登場。全曲Goh Hotoda氏による2019年最新リマスタリング。時代を超えて愛されるユーミンの珠玉の名曲の数々が装いも新たに生まれ変わりました。
という事だ。

さっそく、[External]40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。[Remastered 2019]が1位を獲得。

【参照】
●AV Watch https://av.watch.impress.co.jp/
【e-onkyo musicハイレゾ配信情報】松任谷由実の初ハイレゾ楽曲やディズニー楽曲カバー集。プレゼントキャンペーンも 2015/11/18
松任谷由実の全曲ストリーミング配信開始。荒井由実を含む全424曲 2018/09/25
ユーミンの全423曲がハイレゾ解禁。松任谷正隆×GOH HOTODAが音作りを語る 2019/09/18
【e-onkyo music週間ハイレゾベスト10】ユーミンのベストが首位。上原ひろみ、バンドリ新曲(9月13日~9月19日) 2019/09/20
●ハイレゾ音源配信サイト【e-onkyo music】 http://www.e-onkyo.com/music/
【待望のハイレゾ配信】松任谷由実 新曲“深海の街”、荒井由実時代含む全423曲をハイレゾ配信! 2019/09/18
40周年記念ベストアルバム 日本の恋と、ユーミンと。[Remastered 2019]
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
デジタルオーディオ
ハイレゾリューションオーディオ
音楽配信
FLAC