YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2024-05-18 (土)


[一語一絵/ツーリング/2006]

阿蘇Express 17th - 『ら・ら・ら♪』 - / 2006-06-07 (水)

明日からいよいよ梅雨入り、というわけで阿蘇Express行っとかないとでしょ。

本日の航跡図
Today's tracking by eTrex and カシミール3D
南阿蘇地蔵峠上空5061mよりくじゅう連山を望む

今日も結構暑くなりそうなのだが、やはり朝の空気はまだひんやりしていてメッシュだと寒そうなので、日曜と同じくTシャツにピンクのオールウェザージャケットを羽織り、メッシュグローブを装着。ボトムスは革パンの正装で8時半にスタート。平日の通勤時間だというのに意外と流れの良いR3を快調に南下。

針摺の交差点を左にターンして最速ルートにアプローチ。『ら・ら・ら』のポップなリズムに10時01分日田一品街でトイレ休憩。

さすがに平日だけに日田一品街にはライダーの姿も皆無。こういう日にはファームロードを走っとくに限るね、とばかりに10時15分にリスタート。タコメーターの針を10~11時の位置にキープして快適なペースで気持ち良くクルーズを楽しむ。

山菜採りの停止車輌などに出喰わす事は無かったが、梅雨入りを前に法面の修復工事に伴う片側交互通行があるので油断は禁物だ。

とんかつ定食
山水亭にて

R387宝泉寺まで戻って、県道680号線から四季彩ロードにショートカット。11時07分まだ休業中の朝霧を通過。交通量の少ないやまなみハイウェイを占有走行。かと言ってガンガン行くとすぐクルマに追い付いてしまうのは言わずもがななので、ゆったりめのペースで牧ノ戸越え。

11時37分に毎度お馴染み山水亭へ。今日は朝食を軽く済ませた事もあって腹ぺこ全開モード。ガッツリ「とんかつ定食(卵とじ風)」\1050をチョイス。分厚いロース肉をサクッと揚げたトンカツを濃厚な地鶏卵でふんわり綴じた絶品。「ごはんはお代りどうぞ♪」と言われても「それって無理無理」と言わざるを得ない程手強いボリュームだが、飽きる事なくペロリと平らげられちゃう逸品だ。

12時06分リスタート。今日は喰い過ぎで苦しいので取り敢えずコーヒーブレイク優先。ヒゴタイ公園を抜ける最短コースで12時22分[External]どこでもかふぇTONCHANへ。今日はアイス専用『沢水からの風』\350を頂く。

さすがに平日のランチタイムは閑散としたのんびり雰囲気。走っていると少し肌寒い感じだった風も、陽射しを浴びてじっとしていると結構蒸暑い。阿蘇も全然見えず、梅雨入り目前か。

荒々しい根子岳
阿蘇市箱石峠にて

13時01分リスタート。大野川上流広域農道を南下し、県道131号を経てR57へ抜けるいつもの爽快ルートを快適なスピードで堪能。マニアックな裏道で箱石峠に抜けた後は、R265を経て南阿蘇広域農道にスイッチ。

阿蘇谷に下ってくると一気に気温が上昇。アスファルトの照り返しを受け32℃に達した路上の暑さに負けて、苺の家でイチゴのほんのりした味わいが絶妙なイチゴソフト\315で一息。そのまま、南阿蘇で一番人気の温泉[External]阿蘇白水温泉「瑠璃」へ。14時17分着。\400で1時間強の大休止。

重くなった腰を上げて15時32分に帰投。今年初の阿蘇登山道路で阿蘇山越え。豪快なヒルクライムとワインディングを楽しんで、坊中からR212にスイッチして、16時42分小国町へ。夏の定番ジェラトヒルトンの絶品ジェラートで一息。「さくらんぼ」のほのかな味も珍しくて良かったなぁ。

R212日田に抜けた後は、ノンストップで最速ルートへ。南バイパスSSで給油([External]ENEOS [External]NEWヴィーゴ 13.3L×\139/L)した後、19時06分に帰着。今日も373kmのブラボーツーリングだった。

燃費的には28.1km/Lとまずまずだが、\495/100kmと考えるとちょっと微妙かも。