YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2024-05-18 (土)


[一語一絵/ツーリング/2006]

阿蘇Express 16th - 『私がオバさんになっても♪』 - / 2006-06-03 (土)

今日は洗濯でもしながらウチでゆっくりしていようかなぁ…と思っていたのだが「結構天気いいじゃな~い?」というわけで、またまた阿蘇Express発動。

本日の航跡図
Today's tracking by eTrex and カシミール3D
米塚上空2591mよりくじゅう連山を望む

朝の空気はひんやりしているものの、今週は結構蒸暑かったのでウェアのチョイスが悩ましいところだが、Tシャツにピンクのオールウェザージャケットを羽織り、メッシュグローブを装着。バッテリー交換したCBで快走モードなのでボトムスは革パンの正装で9時半にスタート。意外とクルマの多いR3をダラダラと南下。

シェル天山SSで満タン(H:\140/L)にした後、最速ルートを軽く流して10時54分夜明大橋下でトイレ休憩。リニューアルしてかなりキレイになったなぁ。

条件的には良い方だと思うのだが日田一品街にも意外にライダーが少ない。とくれば「天国に一番近い道」であるファームロードへ進路を取るのはもはや運命と言っても過言ではない。若かりし頃の森高千里の軽快な歌声に乗って気持ち良くクルーズ。クルマも思いの外少なく、しかもおあつらえ向きのところで出喰わすので軽く料理してミラーの隅に追いやる。

あんかけチャーハン
山水亭にて

12時10分にお馴染み山水亭へ。メニューを開くまでもなく、定番中の定番「あんかけチャーハン」\840をオーダー。もはや中毒と言っても過言ではないかもしれないが、ともかくウマいものはウマいと自己弁護しておこう。

12時35分リスタート。今日は[External]阿蘇カルデラスーパーマラソン大会が開催中。マラソンコースとなってランナーのみならず警察も出ている県道40号線を避けて、ヒゴタイ公園を抜ける最短コースで[External]どこでもかふぇTONCHANへ。12時47分着。今日は『ブラジル』\300をホットで頂く。

R442もあまりバイクを見かけないが、キャンプ場にもテントが増え、林からはセミの鳴声が賑やか。風は涼やかで走っていると少し肌寒い感じだったが、陽射しを浴びてじっとしていると少し蒸暑い。梅雨入り間近というか初夏のような雰囲気かな。TONCHAN2号車の話で盛上がる。

萌緑の波
ミルクロードにて

13時20分リスタート。今日も阿蘇涅槃像が見えず、このままで阿蘇Express成立しないので、やっぱりミルクロード行っとかないと。というわけで大野川上流広域農道を南下。県道131号R57ミルクロードと久々に逆パターンで周るが、やっぱりゴキゲンな道は逆でもゴキゲンなのだ。

やまなみハイウェイから瀬の本を経てR442にスイッチ。いつもいつも[External]耕きちの湯ではストーカーの餌食になってしまうので、今日は黒川温泉[External]「お宿のし湯」へ。14時19分着。この季節の野天風呂も新緑から木漏れ日が降り注ぐなかなかイイ感じだ。

14時58分リスタート。復路もファームロードを流して帰投。「今日こそはチェックしないと」と意気込んでいた亀石峠の移動販売車はまたしても不在。最初に見掛けたのが最後になってしまうのかなぁ…

15時45分日田一品街でトイレ&[External]C.C.レモンブレイクを挟んだ後は、もはや目をつぶっても走れるという噂の最速ルートを気持ち良くクルーズ。

最後はいつものように南バイパスSSで給油([External]ENEOS [External]NEWヴィーゴ 10.5L×\139/L)した後、17時41分に帰着。今日も319kmの快速クルージングだった。

[ ツッコミの受付は終了しています ]
1: なっちゃん (06/05 23:21)
1人であのルートだと1時間ちょいで着くんやなぁ。
2: YANO (06/05 23:30)
1時間「半」を「ちょい」と言うのは端折り過ぎだと思うぞ。しかも無休憩だし。