YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2018-11-30 (金)


[一語一絵/IT系]

ドアホンの憂鬱 / 2018-11-04 (日)

今年1月に新調した[External]テレビドアホン VL-SGD10L

テレビドアホンVL-SE30KL
テレビドアホンVL-SE30KL

ワイヤレス玄関子機(VL-VG560L)、2回目のローバッテリー警告10月に出てから1ヶ月近く。意外に[External]Amazonベーシック アルカリ乾電池はまだ踏ん張っている。

しかし、そもそも「2階リビングの親機」とのワイヤレス通信状態も微妙で改善の見込みも薄そうなので、再び有線接続に戻す方向で検討。元々の[External]テレビドアホン VL-SW230KDの親機(VL-MW230KD)がそのまま使えればワイヤレス子機も使えるのだが、[External]玄関カメラ子機 VL-V566-S単体でも¥13,980もするので、親子セットで¥8,780[External]テレビドアホンVL-SE30KLを調達。

玄関カメラ子機の撮像素子は1/4型CMOSという事なので、SGD10Lより少しサイズは大きいものの解像度は不明。接続も極性無しの2本線なのでは親機のVL-MW230KDはそのままで玄関子機VL-V522L-Sを接続してみたところ、ドアホンの呼び出しボタンを押しても反応が無い。子機のLEDは点灯しているように見えるのだが、親機側で「モニター」ボタンを押しても「ドアホンが接続されていません」と出て画像が表示されない。

やっぱり親子関係だけにそう簡単には替えられないのかな…と思いつつ、VL-SE30KLの親機VL-ME30に繋いでみたところ、「モニター」ボタンを押しても「ドアホンが接続されていません」となるのは変わらず。初期不良か?と思いVL-V522L-Sを取外してVL-ME30に短絡してみたところ、あっさり動作OK。詰まるところが埋め込み配線の問題と認識し、取り敢えず一旦[External]ワイヤレステレビドアホン VL-SGD10Lに戻す事に。

さて行き場の無くなったVL-SE30KLを前にどうするもんかと途方に暮れつつ、試しにVL-V522L-SをVL-MW230KDに短絡してみたところ、こちらもあっさり動作OK。結果的にワイヤレス子機(VL-W605)も復活する余地が確認できたのは朗報だが、埋め込み配線の問題は厄介だな。

【参照】
●Panasonic https://panasonic.jp/
インターホン・テレビドアホン
テレビドアホン VL-SZ30KL
テレビドアホン VL-SE30KL
●Amazon.co.jp https://www.amazon.co.jp/
Panasonic カメラ玄関子機 VL-V566-S ¥13,980
パナソニック(Panasonic) ワイヤレステレビドアホン VL-SGD10L ¥12,076
パナソニック(Panasonic) テレビドアホン (電源コード式) VL-SE30KL ¥8,780
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
DECT
電波産業会