YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2019-05-23 (木)


[一語一絵/IT系]

Doraemon 3D / 2019-04-15 (月)

「ドラえもん」史上、はじめての3DCGアニメーション映画として2014年に公開された『[External]STAND BY ME ドラえもん』。

BRD3D STAND BY ME DORAEMON
Blu-ray 3DなDORAEMON

しかし、数量限定生産の【ブルーレイ豪華版】であっても「3D映像は含まれておりません」と書かれている事から、描画が3DCGなだけでいわゆる[External]ステレオグラム(立体視)映像版はなかったのかなと思っていたところ、[External]AV Watchの記事にある

本作品は826カットで構成されているが、このうちステレオレンダリング(2つの仮想カメラで異なる視点からの映像を1枚づつ作る方法)されているのは184カットのみ。それ以外のカットは2D-3D変換を外注しているという。

「言い換えれば、ステレオレンダリングされている184カットすべてが“観どころ”です。やはりリアルに3D映像でレンダリングした方が、豊かな映像表現としやすい。正確な立体感や奥行き表現を行ないやすく、演出上も大胆な3Dの動きになっています(八木監督)」
という件を始め、各方面の情報から3D映像版もあり劇場公開もされていた事実が判明。

調べてみると、Amazonの[External]やっぱり3Dで観たい作品というレビューなどで、なんとイタリア版の[External]BRD3D STAND BY ME DORAEMONなら「メニュー画面はイタリア語だが、本編は3D映像+日本語音声で楽しめる」という裏が取れた。

いいタイミングでYahoo!プレミアムの1,000円クーポンも出てたので、2,394円[External]Continue Effortsから3月14日に調達。

早速、先日調達したプロジェクタELEPHAS RD606で観てみたが、「3D映像」にはなるものの相変わらず音が出なくなる問題は解消せず、悩ましい。

【参照】
●AV Watch https://av.watch.impress.co.jp/
3DCG映画「STAND BY ME ドラえもん」が'15年2月Blu-ray化。「ウソ800」ケースに収納 2014/11/21
【本田雅一のAVTrends】「STAND BY ME ドラえもん」の驚きの3D映像表現に迫る 2014/12/02
●ITmedia PC USER https://www.itmedia.co.jp/pcuser/
映画『STAND BY ME ドラえもん』スタッフに聞く――CG制作のスゴイ現場 2014/08/14
●Yahoo!ショッピング Continue Efforts https://store.shopping.yahoo.co.jp/continue-efforts/
BRD3D STAND BY ME DORAEMON [輸入版] [Blu-ray] [2015] 2,394円
●Amazon.co.jp https://www.amazon.co.jp/
Stand by Me Doraemon (2D + 3D)
BRD3D STAND BY ME DORAEMON [Import]
やっぱり3Dで観たい作品
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
STAND BY ME ドラえもん
ステレオグラム