YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2017-03-28 (火)


[一語一絵/IT系]

SONY TA-DA3200ES / 2007-03-25 (日)

さて[External]PLAYSTATION 3スパイラル、オーディオの部。

SONY TA-DA3200ES
青のイルミネーションがマルチチャンネルの証し

[External]Blu-ray Disc[External]Super Audio CDのウリは何と言っても高品質のリニアPCMマルチチャンネルオーディオ。PS3が既にプレイヤーとしての機能を実装しているのだが、いかんせん光デジタルインタフェースすら無い10年前のアナログAVアンプでは宝の持ち腐れ。

というわけでPS3のポテンシャルを引出す新しいAVアンプを物色していたのだが、そもそもリニアPCMのマルチチャンネルフォーマットを鳴らそうとしたら光や同軸のデジタルケーブルでは帯域不足なのだそうな。で、ほとんどのユニバーサルプレイヤーはアナログ出力をピンケーブル6本で結線するのが一般的。つまりマルチチャンネルデジタルアンプでフルデジタルコンポーネントを構成しようとしても意外なところで破綻してたりするわけだ。

PS3だと良くも悪くもデジタルのHDMIインタフェースで接続するしかないのだが、ここにも落とし穴HDMI 1.1では[External]DVD-Audioのマルチチャンネルには対応しているものの、[External]Super Audio CD[External]Direct Stream Digitalに対応しているのはHDMI 1.2以降に限られるという。

ちなみにHDMI 1.2対応となると、[External]Pioneer VSA-AX2ASと、[External]YAMAHA DSP-AX1700、そして[External]TA-DA3200ESくらいしかない。しかし、[External]Q&A AVアンプ:HDMI端子の仕様は?<TA-DA3200ES>を見ると「リニアPCM(192kHz24bit)に対応している」とある一方で「HDMIのバージョンは1.2Aです。DSD(Direct Stream Digital)信号には対応しておりません。」と書いてあるのだが、はて?

そんな中で、決め手になったのはSONYの中の人[External]かないまる氏が書いた[External]「PS3でいい音出そう」。TA-DA3200ESしかないかな、みたいな気になってきた。取り敢えず[External]PLAYSTATION 3はCELLエンジンで[External]Super Audio CD[External]Direct Stream Digitalを176KHzなど高レートのリニアPCMに変換してTA-DA3200ESに送っているそうなので、いずれにせよ安心して良いという事か。

ちなみにTA-DA3200ESは[External]THXマークを取得していないが、THXはフォーマットじゃなくお墨付きというか品質規格のようなものなので気にしないことに。

早速PS3とTA-DA3200ESをHDMIケーブルで接続。PS3の設定でいつまで経ってもHDMI接続を認識しなかったのだが、先にTA-DA3200ES側の入力セレクタをHDMIにしてからPS3の「サウンド出力設定」を行うのがカギだ。

そして、手元にある唯一の[External]Super Audio CDソフトである[External]Telarc[External]Great Film Fantasiesで試聴。お馴染みのシンシナティ・ポップス・オーケストラとエリック・カンゼルのコンビによって2005年9月にDSD録音されたものであり、DSDによる2chステレオに加えてマルチチャンネル(5ch)フォーマットを収録しており、リファレンスとして申し分ない。

ていうか、通常のCD-DAとしても聴けるHybrid SACDなので「いつかこの日が来るだろう」と先行入手しておいた逸品なので、ようやく本領発揮となるわけだ。

他のアンプと聴き比べたわけでもないのでTA-DA3200ESがどうこうと言うことはわからないが、やっぱりCD-DAとSACDでは透明感というか臨場感の違いが実感できる。ただ、既に国内音楽市場そのものがCDパッケージからダウンロード配信に傾きつつある事を考えるとSACDフォーマットのソフトがこれからどんどん出てくるとも思えないわけで、マニア向けのレアアイテムとして歴史の隙間に埋もれていくようだととても残念な事である。

それにしても最近のAVインタフェース難しすぎ。ちょっと目を離していると付いて行けないぞ。日進月歩のデジタルオーディオの世界がなかなか一筋縄ではいかないのはわかるが、結果的に「インタフェースの乱立」という足枷にしかならないようであれば大変なことだ。そういう意味からも「アナログ回帰」というひとつの流れは「ノスタルジー」のみならず「バリアフリー」という背景があるのかもしれないなぁ、と感じた今日この頃。

【参照】
●SONY http://www.sony.co.jp/
新開発の“広帯域アナログパワーアンプ”を搭載し、クリアで原音に忠実な音を再現するマルチチャンネルインテグレートアンプを発売~7.1CHリニアPCM、1125p(1080p)の映像に対応したHDMI端子を搭載~ 2006/08/09
Q&A - AVアンプ:HDMI端子の仕様は?<TA-DA3200ES>
●ITmedia +D http://plusd.itmedia.co.jp/
新開発アナログパワーアンプ搭載、ソニーAVアンプ「TA-DA3200ES」 2006/08/09
ソニー「TA-DA3200ES」がアナログアンプに立ち返った理由 2006/12/26
●PC Watch http://pc.watch.impress.co.jp/ >> 本田雅一の週刊モバイル通信
■第356回■ PS3をメディアプレーヤーとして使う人のためのTips 2006/11/17
■第357回■ Another Story of PS3 #1“忘れ去られたプロジェクト”が生み出した大いなる成果 2006/11/22
■第358回■ Another Story of PS3 #2 成長するビデオプレーヤーを目指すPS3 2006/11/30
■第360回■ Another Story of PS3 #3 ネットワーク端末としての可能性を秘めたPS3 2006/12/19
●Phile-web http://www.phileweb.com/
SONY TA-DA3200ESのニュース/レビューとお買い得情報
ソニー、TA-DA7000ESの下位モデルとなるアナログAVアンプを発売 2006/08/09
●All About[オーディオ・ビジュアル] http://allabout.co.jp/computer/av/
今さら聞けない! HDMIバージョンの違い! 2007/02/05
トレンド研究! PS3で格安&超Hi-Fiが! 2007/02/27
音のいい部屋「かないルーム」に学ぶ 2007/03/08