YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2021-06-09 (水)


[一語一絵/ツーリング/2004]

阿蘇Express 43th - Dangarous Zone - / 2004-12-15 (水)

今朝も夕方から下り坂という予報に引篭りを決めていたのだが、予報がウソのように爽やかな青空と10℃程度の暖かさに、早めに帰る事にして9時40分にスタート。

快晴!!
やまなみハイウェイにて

いつものようにR3を南下。板付付近を軽く流していると左後方から大地を揺るがすような轟音が迫りくる。「何事だ?」と思い振り返ると福岡空港の滑走路を今飛び上がらんとするB767が…。負けてなるものか、とアクセルを返すもののあっという間に追い越されて空の彼方へ。

ささやかなトップガン気分を味わった後だが、平日で混雑するR3は熱い走りを許さず必然的にクールダウン。またいつものルートを淡々と。耳納連山の上には薄い雲が広がり始め、土手ロードで陽が翳るとちょっと寒い。やはり夕方には崩れるのか?

日田一品街で一息入れて、R210を東へ。ドライブインはねやまとり天定食を喰おうと思っていたのだが、タイミング悪く正午にぶつかってしまいあいにくの満席…(;_;)。

玖珠町塚脇に戻って弁当屋を物色し、さくら食堂で「から揚げ弁当」480円を査収。景色のいい伐株山まで持って行こうかと思ったが、どうせならアツアツで喰いたいのでクルマの騒音が聞えない程度に入り込んだ田んぼのあぜ道で喰ってしまう。クリスピーな歯応えとスパイシーな味は◎なのだが、主役の肉がちょっとパサパサで淡白なのが残念。から揚げとしては普通にウマいのだが、とり天を食いっぱぐれた心の隙間を埋める事はできなかった。

今日も快晴!!
スカイ・ファームロードひたにて

再びR210を東へ。野上から県道710号線やまなみハイウェイへ。いつしか空には雲ひとつなく…天気予報ハズレたか?

ゴキゲンRideで飯田高原から長者原を通過。牧ノ戸峠はピーク手前の路肩に霜が融けずに残っていたが、路面は問題無くクリア。何人に邪魔される事なくパス。今日は阿蘇涅槃像もしっかり見える。爽快というのはこういう景色だ。

ダウンヒルを楽しんだ後瀬の本を右折。耕きちの湯は定休日だしなぁ…とか思ってたらうっかり黒川温泉を通過。ならばファームロードから足を延ばして塚田温泉か…と思いながらも、気分良く走っていたら曲がるところを過ぎてしまった。

というわけでいつものルートでそのまま帰投。筑紫野シェル天山SSで給油、ハイオク119円/Lと今週は安定。オペラ筥松に足を延ばしてシュークリームを査収して16時半帰着。

10Lのガソリンで2.35kgのCO2を排出。微力ながら地球温暖化に貢献してしまった、291kmの爽快ツーリングでした。