YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2022-06-20 (月)


[一語一絵]

アイランドシティ線 / 2021-02-25 (木)


[一語一絵/IT系]

ThinkPad P14s / 2021-02-24 (水)

何はともあれ2016年調達[External]ThinkPad T460sもそろそろ5年。

Lenovo、16:10液晶になったX13など、ThinkPadシリーズ刷新。AMDが主役?
[External]PC Watch記事より

そんな折昨年11月に書いた[External]モバイルワークステーション「ThinkPad P14s」のRyzenモデル。こちらはsモデルでもそのままRJ45ポートが実装されていてコスパも良さげ。年度末に10万円ちょいで…

と虎視眈々と狙っていたのだったが、

モバイルワークステーションの「ThinkPad P」シリーズは、第11世代Core搭載のP14s iとP15s、およびRyzen 5000搭載のP14sの3モデルを用意。
という事で、1月に発表された[External]モバイル向けRyzen 5000シリーズを採用したニューモデルが、早速5月に出るというアナウンスがあった。

11月に発表されたばかりの[External]ThinkPad P14s AMD (20Y2S04900)"在庫切れ"になっているのはそういうわけか?

【参照】
●ITmedia PC USER https://www.itmedia.co.jp/pcuser/
プレミアムビジネスノートPC向け「第3世代Ryzen PRO」のラインアップが判明 Lenovoが「ThinkPad」に採用:企業向け管理機能を拡充 2020年5月7日
ハイパフォーマンス「ThinkPad T」に2020年モデル 第10世代CoreモデルはThunderbolt 3対応 2020年5月26日
実は意外とお買い得 「ThinkPad T14s Gen 1」を念入りにチェックしてみた 2020年7月2日
モバイルワークステーション「ThinkPad P14s」にRyzenモデル 10万5908円(税込み)から 2020年11月6日
●PC Watch https://pc.watch.impress.co.jp/
Ryzen 5000、まだ本気を出していなかった。新しい最適化機能で性能をさらに引き上げ 2020年11月25日
Lenovoの最新ゲーミングノートはすべてRyzen 5000搭載 2021年1月13日
この10年で最大級のインパクトをもたらしたRyzen 5000シリーズ。2021年、買うべきCPUはこれだ! 2021年1月23日
省電力化と性能向上の両立を図ったRyzen 5000シリーズ 2021年1月26日
Lenovo、16:10液晶になったX13など、ThinkPadシリーズ刷新。AMDが主役? 2021年2月24日
●Engadget 日本版 https://japanese.engadget.com/
新ThinkPadは第3世代Ryzen U搭載機とモデル名大変更がポイント。レノボが16シリーズを一挙発表 2020年5月26日
●Lenovo Japan http://www.lenovo.com/jp/ja/
ThinkPad T460s
ThinkPad P シリーズ


[一語一絵/IT系]

SMRの憂鬱 / 2021-02-17 (水)

お仕事方面のサーバー構築でUbuntu 20.04をインストールしたところ、通常30分以内で終わる初期導入が1時間以上かかる問題に直面。

Seagate ST8000DM004
Seagate ST8000DM004

パッケージ導入時のプログレスバーも半分くらいまではいい感じで進むものの、後半のワーク領域の削除とか普段は目にも留まらぬ文字列が余裕で読てしまうほど遅々として進まず。

ストレージ構成は8TBのST8000DM004シングル構成なので、以前書いた「シングル磁気記録(SMR)方式」の方式ゆえに一定量を超える(削除を含む)書き込みが続くと性能低下が避けられないという宿命は解っていたものの、データドライブとして[External]XFS形式で使っている分にはそこまで気にならなかったのだが、[External]ext4ファイルシステムでは性能低下が深刻なレベルで、ブートドライブとするのは大変厳しいという事のようだ。

取り敢えず、起動用に512GBなSSDを調達して運用開始したが、結局[External]XFSのデータドライブでもVMやコンテナの動作に支障を来す事がわかったので、ちょっと割高だが4TBのCMRなHDDを用意する羽目に。

コスパはいいのだが、ファイルシステムを選ぶというのはちょっと厄介だな。

【参照】
●Seagate 日本 https://www.seagate.com/jp/ja/
内蔵ハードディスク・ドライブ
CMRおよびSMRハードディスク・ドライブ
●PC Watch https://pc.watch.impress.co.jp/
【福田昭のセミコン業界最前線】10TBの大容量HDDを実現した「SMR技術」登場の背景 2015年9月30日
ネットの論客にファイナルアンサー!? ~「もしかして……SMR!?」。最新2TBプラッタHDDをとことんイジメる 2018年12月3日
●AKIBA PC Hotline! https://akiba-pc.watch.impress.co.jp/
最安の8TB HDD「ST8000AS0002」をテスト、SMR技術を再確認 2016年2月29日
●GIGAZINE https://gigazine.net/
WDのNAS向けHDD「WD Red」の記録方式が「RAIDに不向き」な仕様にこっそり変更されていたことが判明 2020年4月16日
NAS向けHDD「WD Red」の記録方式をこっそり変更した件についてWDが釈明 2020年4月22日
WDがNAS向けシリーズ「WD Red」で起こした問題は「沈黙し続ける企業文化そのもの」が原因との指摘 2020年6月16日
Western Digital製の一部HDDの回転数が公称スペックと異なることが判明 2020年9月8日
●@IT https://www.atmarkit.co.jp/
Linux Kernel Watch
Linux Storage Filesystem/MM Summit 2014からの便り 2014年4月23日
●Western Digital Corporate Blog https://blog.westerndigital.com/
Zonefs File-System Will Land with Linux® 5.6 2020年2月24日
Device-Managed Shingled Magnetic Recording (DMSMR) 2020年4月28日
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
ハードディスクドライブ
シングル磁気記録方式
ファイルシステム
ext4
XFS


[一語一絵/IT系]

Archer AX20 / 2021-02-11 (木)

昨年8月に導入した[External]TP-LinkのArcher C6。

Archer AX20 | AX1800 デュアルバンド Wi-Fi 6 ルーター
[External]TP-Link Archer AX20

ルーターを2Fに、1Fと3Fにサテライトを設置してみたところ、それなりに繋がるのは繋がるのだが、なぜか期待とは裏腹に(端末が頑張って)遠い方を掴んでしまうケースも少なくなく、いまいちメッシュWiFiの効果が感じられない。

期待のペアレンタルコントロールは、効いたり効かなかったりする印象。まぁ、使ってないのに時間超過になるのは端末のバックグラウンド通信のせいだとは思うが、アプリの出来もいまいちかな…。

さすがに5,000円以下のローエンドルータに端末数24台は辛いのか、電波は掴んでいるのにインターネット接続ができないケースが散発し始めた事もあり、狙ってた上位機種のArcher AX20が6,336円で入手できたのでスイッチ。

【参照】
●INTERNET Watch https://internet.watch.impress.co.jp/
8800円のWi-Fi 6ルーター「Archer AX20」、TP-Linkが発売 2020年8月20日
メッシュWi-Fiなのに1台3千円! 「あえて11ac」で格安メッシュを組める「TP-Link OneMesh」を使ってみた 2021年1月18日
●TP-Link https://www.tp-link.com/jp/
Archer AX20 | AX1800 デュアルバンド Wi-Fi 6 ルーター
●Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/
無線LAN
Wi-Fi
TP-LINK Technologies


[一語一絵/IT系]

pngcntr改修 / 2021-02-06 (土)

Ubuntu 20.04 (Focal Fossa)アップデートの残課題、「CGIでも使えるPNG式画像カウンタ」(pngcntr)が動かない問題にようやく立ち向かうことに。

まずはコマンドライン実行でもどこでコケているのかわかるように $err を X-PNGCNT-Error: で出力するようにしてみたところ、エラー -1を返すポイントが3箇所あった…orz

yano@vps:/usr/lib/cgi-bin/pngcnt$ diff -bc ct_20161115.cgi ct_20210206.cgi
*** ct_20161115.cgi     2016-11-15 10:53:50.382253440 +0900
--- ct_20210206.cgi     2021-02-06 11:01:00.000000000 +0900
***************
*** 233,238 ****
--- 233,239 ----
  {
        my($err) = @_;

+       print "X-PNGCNT-Error: $err \n";
        $err = 4 if($err >= 100);

        print "Content-Type: image/png\n\n";
***************
*** 558,569 ****
                        }
                        else
                        {
!                               return &Error(-1);
                        }
                }
                else
                {
!                       return &Error(-1);
                }
        }
        else    # ログファイルが読み込めず。
--- 559,570 ----
                        }
                        else
                        {
!                               return &Error(-3);
                        }
                }
                else
                {
!                       return &Error(-2);
                }
        }
        else    # ログファイルが読み込めず。
yano@vps:/usr/lib/cgi-bin/pngcnt$ ./ct_20210206.cgi
Set-Cookie: =1; expires=Sat, 06 Feb 2021 02:10:12 GMT;
X-PNGCNT-Error: -1
Content-Type: image/png

        PNG
~~
yano@vps:/usr/lib/cgi-bin/pngcnt$
というわけで、エラー-1を返すポイントが require の部分と判明。

試行錯誤を繰り返したところ、require のファイルパスに./を付与する事で解決できたので、

yano@vps:/usr/lib/cgi-bin/pngcnt$ diff -bc ct_20210206.cgi ct.cgi
*** ct_20210206.cgi     2021-02-06 11:01:00.000000000 +0900
--- ct.cgi      2021-02-06 11:25:11.544278164 +0900
***************
*** 485,491 ****

        if($main::gztype eq 'png')
        {
!               eval { require 'pngren.pl'; };

                if($opts{'check'})
                {
--- 485,491 ----

        if($main::gztype eq 'png')
        {
!               eval { require './pngren.pl'; };

                if($opts{'check'})
                {
***************
*** 549,555 ****
                }
                elsif($main::gztype eq 'gif')
                {
!                       eval { require 'gifcat.pl'; };
                        if(!$@)
                        {
                                @gz = map("$main::gzdir$_.gif", @narabi);
--- 549,555 ----
                }
                elsif($main::gztype eq 'gif')
                {
!                       eval { require './gifcat.pl'; };
                        if(!$@)
                        {
                                @gz = map("$main::gzdir$_.gif", @narabi);
yano@vps:/usr/lib/cgi-bin/pngcnt$ diff -c pngren_20040622.pl pngren_20210206.pl
*** pngren_20040622.pl  2004-06-22 00:00:00.000000000 +0900
--- pngren_20210206.pl  2021-02-06 11:26:40.343152364 +0900
***************
*** 35,42 ****

  # 設定。
  $pngren::version = 2.0.1;
! $pngren::koLibrary   = 'pngrenhz.pl';
! $pngren::zlibLibrary = 'pryzlib.pl';
  $pngren::cacheChunk  = 'prYC';                # 0x25-0x28 (4bytes)
  $pngren::cacheVersion = "\x02\0\0";   # 0x29-0x2b (3bytes)
  $pngren::USEMYZLIB = 0;
--- 35,42 ----

  # 設定。
  $pngren::version = 2.0.1;
! $pngren::koLibrary   = './pngrenhz.pl';
! $pngren::zlibLibrary = './pryzlib.pl';
  $pngren::cacheChunk  = 'prYC';                # 0x25-0x28 (4bytes)
  $pngren::cacheVersion = "\x02\0\0";   # 0x29-0x2b (3bytes)
  $pngren::USEMYZLIB = 0;
yano@vps:/usr/lib/cgi-bin/pngcnt$
てな感じで改修。 perlそのもののバージョンは
This is perl 5, version 18, subversion 0 (v5.18.0) built for x86_64-linux

Copyright 1987-2013, Larry Wall
と、変わってないような気がするんだけれどなぁ…

【参照】
●nonki@rNote http://nonki.ffvv.net/
「CGIでも使えるPNG式画像カウンタ」の再配布
●Ubuntu Wiki https://wiki.ubuntu.com/
FocalFossa/ReleaseNotes/Ja
●Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/
Ubuntu
Ubuntuのバージョン履歴