YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2018-09-30 (日)


[一語一絵]

観蛍@久山 / 2018-06-09 (土)

2016年5月以来となる観蛍。

乱舞に見えるのは素晴らしい
糟屋郡久山町久原、新建川にて

ようやく2016年6月に調達した[External]OLYMPUS OM-D E-M10でのライブコンポジット(比較明合成)撮影にトライ。

2016年5月の反省を思い出し、今回は[External]パンフォーカスなボディキャップレンズでISO1600の解像感を確認したのだが、やっぱりパンケーキレンズとは如何ともし難い差がある。

よく考えると「パンフォーカス」というのは特別な仕掛けがあるわけでなく、「広角レンズ」を絞り込む事で"[External]被写界深度が深くなる"事を利用して近景から遠景まで広範囲に合焦する効果なので、手持ちのパンケーキレンズ「M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8」でも[External]絞りと距離を意識すればパンフォーカスになる事がわかった。

ちなみにパンフォーカス状態になるのは

  • 絞り:F4~
  • 距離:3~5 m
との事だが、何より
  1. 電源OFF時にピント位置をリセットさせないよう設定
  2. 暗くなる前に距離を合わせ
  3. AF方式をマニュアルにしてから電源を切る
準備が肝要だ。

なお、

初期状態では、電源OFF時にピント位置が無限遠にリセットされます。
そうなので、夜空撮影などで"無限遠"にしたい時にも使えるので、覚えておきたい。

とっくに梅雨入りしているものの、活発に飛ぶ条件と言われる「蒸し暑い」どころではない涼やかさだった事もあり、数はそこそこ点滅しているのだが、活発に飛び回るには程遠い状況。

しかし、ISO1600、F5.0、30秒×8枚の比較明合成で見るだけでもそれなりにスゴいのだが、なんせ光跡が増えていく様子がカメラのライブビューモニタで逐次ウォッチできるのは感慨深いねぇ。

【参照】
●久山町 http://www.town.hisayama.fukuoka.jp/
新建緑道
●オリンパス:Q&A http://digital-faq.olympus.co.jp/
[001544]シャッターチャンスを逃さないように、パンケーキレンズでパンフォーカス撮影をしたい。(E-P1)
●Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/
パンフォーカス
被写界深度
オリンパス
久山町