YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2022-09-24 (土)


[一語一絵/IT系]

LinuxとPTn / 2012-09-30 (日)

今週末も先日書いたRecTestによる"MULTI2デコード"失敗が再発。

earthsoft PT3
アースソフト PT3

休止モードからの復帰も期待を裏切る事が多々あるので、録画サーバをgt110bのubuntu 10.04 Linux環境で構築しなおす事に。最終的にはPT3を2枚刺しにしたいのだが、取り敢えず問題切り分けの助けになるよう実績の多いPT2とPT3で2枚刺し構成。

まずはカードリーダーSCR3310-NTTComのインストール。

sudo apt-get install libccid pcsc-tools libpcsclite-dev pcscd
sudo pcsc_scan
難なくOK。

続いてARIB STD-B25 仕様確認テストプログラム。

sudo apt-get install build-essential mercurial
cd ~/software/tv/
wget http://hg.honeyplanet.jp/pt1/archive/c44e16dbb0e2.zip
unzip c44e16dbb0e2.zip
cd ~/software/tv/pt1-c44e16dbb0e2/arib25
make
sudo make install

[External]epgrec 2011年10月1日からのBS新チャンネル対応ファイル群からepgrecをインストール。まずは2011年10月1日のBSパッチ済みrecpt1とPT1ドライバーをインストール。

tar xvf pt1-drv_20111001.tar.gz
cd ~/software/tv/pt1-7662d0ecd74b/recpt1/
make clean && make
sudo make install
cd ~/software/tv/pt1-7662d0ecd74b/driver/
make clean && make
sudo make install
再起動してrecpt1でテスト録画。福岡だと28でNHK総合が、31チャンネルでKBCが録画(スクランブル解除)できていればOK。
recpt1 --b25 --strip 28 30 test_ch28.ts
recpt1 --b25 --strip 31 30 test_ch31.ts
続いてepgdumpr2をインストール。
tar xvf epgdumpr2_20111001.tar.gz
cd ~/software/tv/epgdumpr2/
make clean && make
sudo cp -p ~/software/tv/epgdumpr2/epgdump /usr/local/bin
先ほどテスト録画したtsファイルをepgdumpに喰わせてみて
epgdump test ~/test_ch31.ts - | less
番組表チックなデータが出力されればOK。

最後にepgrecをインストール。

tar xvf epgrec_20111001.tar.gz
tar xvf epgdumpr2_20111001.tar.gz
cd ~/software/tv/epgdumpr2/
make clean && make
sudo cp -p ~/software/tv/epgdumpr2/epgdump /usr/local/bin
sudo cp -pr ~/software/tv/epgrec /var/www/
sudo chown -R www-data:www-data /var/www/epgrec
cd /var/www/epgrec
sudo cp -p config.php.sample config.php
sudo cp -p do-record.sh.pt1 do-record.sh
[External]地上デジタル放送 チャンネル一覧表 九州・沖縄エリア:マスプロ電工を参考に、/var/www/epgrec/config.phpのチャンネルマップを編集。
38 // 福岡地区デジタルチャンネルマップ
39 $GR_CHANNEL_MAP = array(
40         "GR31" => "31",         // KBC
41         "GR22" => "22",         // NHK教育
42         "GR28" => "28",         // NHK総合
43         "GR30" => "30",         // RKB
44         "GR32" => "32",         // FBS
45         "GR26" => "26",         // TVQ
46         "GR34" => "34",         // TNC
47 );
do-record.shもテスト。
OUTPUT=test_ch31_2.ts CHANNEL=31 DURATION=30 TUNER=0 MODE=0 TYPE=GR /var/www/epgrec/do-record.sh

録画予約はatコマンドで起動されるので、/etc/at.denyからwww-dataを除外しておく。

alias
backup
bin
daemon
ftp
games
gnats
guest
irc
lp
mail
man
nobody
operator
proxy
qmaild
qmaill
qmailp
qmailq
qmailr
qmails
sync
sys
# www-data
もしwww-dataがnologinになっていれば/etc/passwd/bin/shとかに割り当てておくように。

続いてPT3ドライバのインストール。

cd ~/software/tv/
git clone https://github.com/m-tsudo/pt3.git
cd /home/yano/software/tv/pt3/
make
sudo make install
…とやったが、初期化で
PT3-pci: probe of 0000:05:00.0 failed with error -5
との事。orz

【参照】
●アースソフト http://earthsoft.jp/
PT3 目次
●PTx Wiki - トップページ http://www58.atwiki.jp/ptxatwiki/
●空落科技 http://team2ch.org/blog/
Ubuntu 12.04 64bitでPT2を使う 2011年12月4日
●裏技shop DD http://shopdd.jp/
アースソフト PT3のセットアップ方法! 2012年7月15日
●PukiWiki Plus! http://baalzephon.dyndns.org/tech/
Linux/テレビ関連/PT2
●録画予約システムepgrec http://www.mda.or.jp/epgrec/
●マスプロ電工 http://www.maspro.co.jp/
地上デジタル放送 チャンネル一覧表 九州・沖縄エリア
●Amazon.co.jp http://www.amazon.co.jp/
PT3 Rev.A 12,400円


[一語一絵]

レッドウォーク当選 / 2012-09-29 (土)

一昨日、「まだかな?」と書いた[External]若戸大橋1DAYレッドウォークの当選案内。

1DAYレッドウォーク参加証
1DAYレッドウォーク参加証

ここをチェックされていたわけではなかろうが、昨日無事届いた。

我々ファミリーは12時受付の9グループ。

ちなみに当日の歩行区間は全行程約3kmだが、戸畑から若松への一方通行となり、若松→戸畑には無料バスを運行する模様。若戸渡船も無料との事。

若戸大橋の交通規制時間が限られているため、若戸大橋上約2.1kmは1分あたり50m以上の速度で歩いて下さい。
とかいう縛りは残念だが致し方なし。願わくば小さな子供連れはもう少し早いスタートのグループにして欲しかったところだが、まぁ時間的にはまだ余裕だろう。また
イベントを盛り上げるため、赤いもの(赤いシャツや帽子など)の装着にご協力ください。
というレコメンドも。せっかくのお祭りなのでイタリアンレッドのフェラーリのチームウェアで正装しようかと思ったのだが、残念ながらフェラーリ絡みのアイテムはひとつも持っていないので、広島カープのキャップでご容赦頂きますかね。

また、当日は若戸大橋を午前9時から午後4時まで全面通行止にするそうだ。迂回路として若戸トンネルがあるとは言うものの、自動車専用道路なので125cc以下の原付は通行できない。若戸渡船にも載せられない為に、125cc以下の原付は洞海湾を渡れなくなるので要注意。

片側2車線だけの規制かと思ったのだが…

【参照】
●若戸大橋開通50周年記念特設サイト http://www.wakato-50th.jp/
結ばれた絆は、遥かなる未来へ【8450(はしごじゅう)人 若戸大橋1DAYレッドウォーク
●Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/
若戸大橋
関門橋
新若戸道路


[一語一絵/IT系]

Blu-spec CD2 / 2012-09-29 (土)

Blu-spec CD2
http://www.blu-speccd2.jp/より

2008年に発表された「Blu-spec CD」の改良版、「Blu-spec CD2」なる規格が昨日発表された。

[External]SHM-CDと同じ「高品質CD」の一種で、「Red Book」と呼ばれるCD-DAの規格に準拠して既存のCDプレーヤーでそのまま再生できるのが特徴。

確かに正常進化したwelcomeな技術であろうことは間違いないのだが、サンプリング周期や符号化などが根本的に異なり対応プレイヤーが限定される[External]SACD(Super Audio CD)[External]先日発表された「NextCD」とは次元が異なる規格であり、いわゆるCDのマイナーチェンジとも言える。

海賊版や並行輸入版に対する国内正規版の差別化としてならば「あり」と思うが、現行版CDに対しては自然に「高品質CD」で置き換えられて然るべきであり、徒に複数の規格を掲げて現行版CDとの差別化をアピールし始めると消費者が混乱してしまう恐れがあるので、なんで今さらCDDAの高音質化をアピールしだしたのか激しく疑問。

こういったパッケージ面の高品質化技術は高音質な規格にこそ必要であり、[External]SACD-SHMやSACD-音匠仕様でようやく昨年辺りからSACDが見直されて対応プレーヤーも増えてきているのに、日本の音楽業界やオーディオメーカーはどうしてこうもチグハグなのかしら。

【参照】
●AV Watch http://av.watch.impress.co.jp/
ユニバーサルミュージック、高音質CD「SHM-CD」を他社へも開放 2008年7月2日
高音質CD「SHM-CD」の製造にSMCが参加 2008年7月30日
SME、BDの技術を使った高音質CD「Blu-spec CD」 2008年11月5日
【本田雅一のAVTrends】日本型の新音楽メディアを目指した「BDM」 2012年3月27日
「NextCD」を目指す、ハイレゾ音楽BDが登場 2012年9月25日
SME、BD製造技術を全て投入した「Blu-spec CD2」 2012年9月28日
●ITmedia LifeStyle http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/
麻倉怜士のデジタル閻魔帳:SACDの復権、BDオーディオの登場 2010年8月2日
オンキヨー、DSD方式による高音質音楽配信を開始 2010年12月10日
麻倉怜士のデジタル閻魔帳:SACDでよみがえる戦時中の名演奏 2011年5月20日
Blu-ray Discにハイレゾ音源、クリプトンなど4社が“BDミュージック”を提案 2012年9月25日
●AV&ホームシアター Phile-web http://www.phileweb.com/
SME、BDの素材や技術を応用した高音質CD「Blu-spec CD」を開発 2008年11月5日
戦国時代に突入した「高音質CD」の明日を読み解く 2008年12月15日
「SA-CD~SHM仕様~」注目タイトル多数登場 - 「スティッキー・フィンガーズ」など初SACD化作品も 2011年6月6日
メモリーテックなど4社、ハイレゾ音源再生に特化した「BDミュージック」を発表 2011年6月6日
SME、高音質CD「Blu-spec CD2」を発表 - 111作品を12月に発売 2012年9月28日
●SACDラボ http://www.sa-cdlab.com/
●UNIVERSAL MUSIC http://www.universal-music.co.jp/
スーパー・オーディオCD ~SHM仕様~
●日本コロムビア http://columbia.jp/
DENON クラシック SA-CD ~SHM(R)仕様~
●Sony Music Group Company Site http://www.sme.co.jp/
●SHM-CD Super High Material CD http://shm-cd.co-site.jp/
●HQCD(Hi Quality CD) http://www.hqcd.jp/
●Blu-spec CD® http://www.blu-speccd.jp/
●Blu-spec CD2 http://www.blu-speccd2.jp/
●Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/
Super Audio CD
スーパー・ハイ・マテリアルCD
ハイ・クオリティCD
ブルースペックCD

[ ツッコミの受付は終了しています ]
この記事のリンク元 | 1 |

[一語一絵]

OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~ / 2012-09-28 (金)

先日シアター・ライヴを観た山下達郎。

OPUSと「ぴあ 山下達郎超大特集号」
OPUSと「ぴあ 山下達郎超大特集号」

ニューアルバム『OPUS』と『ぴあSpecial Issue~山下達郎"超"大特集号~』が届いた。

いやはや、懐かしすぎる全49曲。[External]KinKi Kidsのデビュー曲としてミリオンセラーを記録した『[External]硝子の少年』のUNRELEASED DEMO VOCAL版も涙モノですな。

公式サイトでも公開されている[External]CM・スポット映像も要チェック。[External]山下達郎 シアター・ライヴ「PERFORMANCE 1984-2012」[External]アンコール追加上映決定!だそうです。

【参照】
●Warner Music Japan http://wmg.jp/
New! 山下達郎シアター・ライヴ、アンコール追加上映決定!(10/6~1週間) 2012年9月28日
●山下達郎 スペシャルサイト http://wmg.jp/tatsuro/
CM・スポット映像
●チケットぴあ[チケット情報・販売] http://t.pia.jp/
ぴあSpecial Issue~山下達郎"超"大特集号~[チケットぴあ|チケット情報・販売]
●Amazon.co.jp http://www.amazon.co.jp/
ぴあ Special Issue ~山下達郎“超"大特集号~ (ぴあMOOK) [ムック] 980円
OPUS ~ALL TIME BEST 1975-2012~(初回限定盤) [Limited Edition] 3,980円
●Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/
山下達郎

[ ツッコミの受付は終了しています ]
1: setosan (09/29 19:12)
思わず「いいね!」の場所を探しました(笑)。
2: YANO (09/30 17:11)
「いいね」しすぎ!(笑)

[一語一絵]

若戸大橋開通50周年 / 2012-09-27 (木)

50周年まで0日
http://www.wakato-50th.jp/より

毎度おなじみ[External]若戸大橋。1962年9月27日の供用開始から今日で50周年。

我が国における長大橋の先駆けであり、11年後に[External]関門橋ができるまで東洋一の吊り橋だったというのは戸畑・若松区民では耳にタコが出来るほど聞かされたはずだ。

子供の頃は歩道があって若松まで無料で渡れて、橋台内部を通るエレベーターで昇降していたのも懐かしい。

夏は毎週のように若松まで自転車で海水浴に行ったり、橋台最上部の展望台で初日の出とか観た思い出が蘇るね。

しかし、1971年1月以前は歩行者も有料だったとは知らなかったよ。

償還スケジュールは4車線化、若戸トンネルという2回の拡張工事で延長され、今のところ償還完了は15年後の2027年12月6日の予定。

そう言えば[External]若戸大橋1DAYレッドウォークの当選案内はまだですかね?

【参照】
●若戸大橋開通50周年記念特設サイト http://www.wakato-50th.jp/
結ばれた絆は、遥かなる未来へ【8450(はしごじゅう)人 若戸大橋1DAYレッドウォーク
●九州発 : YOMIURI ONLINE http://kyushu.yomiuri.co.jp/
若戸大橋開通50年、建設中の犠牲者悼む慰霊祭 2012年9月27日
●西日本新聞 : 九州のニュース http://www.nishinippon.co.jp/
若戸大橋50周年記念 27日からオリジナル切手限定販売 2012年9月18日
若戸大橋50年 北九州の発展と変遷刻む 2012年9月25日
●北九州市道路公社 http://www.kitakyu-road.or.jp/
若戸大橋・若戸トンネルについての概要
●北九州港湾・空港整備事務所 http://www.pa.qsr.mlit.go.jp/kitakyusyu/
新若戸道路 事業概要
●Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/
若戸大橋
関門橋
新若戸道路