YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2019-09-12 (木)


[一語一絵/IT系]

【注意】Windowsにリモートから攻撃コードを実行される恐れ / 2004-12-26 (日)

WindowsヘルプシステムLoadImageにそれぞれ欠陥が警告されている。

それぞれは異なる欠陥だがどちらもバッファオーバフローが原因で、添付ファイルやWebアクセスによりリモートから攻撃コードを実行される恐れがある深刻なものだ。

悪用事例の報告はまだ無いものの、実証コードはインターネット上で公開されている。また対象がほとんどのWindowsと広範囲な事もあってクラッカーには格好の標的、攻撃に悪用されるのは時間の問題だ。

残念ながら修正プログラムはまだ無く、設定による回避策も不明。特に年賀メールが増える時期だけに年末年始の心配は尽きない。誰から送られたに関らず、くれぐれも添付ファイルを不用意に開く事の無い用に注意されたい。

クリスマスプレゼントは[External]Thunderbird 1.0 日本語版だけでえぇがな…。

【参照】
●ITmedia http://www.itmedia.co.jp/
今年もキミは来ないのね――聖夜にかけるIT戦士かく闘えり 2004/12/24
Mozilla Japanからクリスマスプレゼント――「Mozilla Thunderbird 1.0」日本語版がリリース 2004/12/24
Windowsヘルプファイルなど、多数の未パッチ脆弱性が発覚 2004/12/25


[一語一絵/ツーリング/2004]

阿蘇Express 46th - Winter has come - / 2004-12-26 (日)

予報どおりの曇り空。ホントに予報どおりだと午後には晴れるはずなので…ていうか、これまでのような好天は暫く期待できないという事なので、雨具を用意して8時半スタート。いつものように筑紫野市天山のシェルで給油。118円/L。最速ルートを快走して10時過ぎに気温7℃日田一品街着。給油とエア調整をしても1時間半という事は、休日モードの方が15分くらい早いかな。

今日は[External]RS TAICHIの赤グローブが今季初登板。ゴアテックスライナーが封入された脱着式インナーを擁する真冬仕様の最終兵器は、3倍速くは走れないが、クラッチワークが1.3倍早くなる気がする逸品だ。

一息入れて10時20分にリスタート。いつものようにファームロードへコースイン。やっと普段の冬並みの気候になったせいか、路面も以前のようなウエットセクションは残っておらず全線に渡ってドライ、すこぶる走り易い。高速コーナーもグリップ感に不安ナシ。行きがけなので基本的には慎重に走るものの、行けるところは大胆にアタック。

雪を頂くくじゅう連山
大分県久住町にて

黒川温泉の温度表示は4℃で今シーズン最寒。確かに寒いことは寒いものの、万全の耐寒装備に包まれて快適快速Fun Ride。

どこぞのイベントか?アメリカンの集団がたむろする瀬の本をパスして11時20分山水亭着。いつもなら瀬の本まで1時間ペースなのだが、今日は思った以上に速い。押しも押されもせぬ新定番あんかけチャーハンを平らげた後、これも今年の新定番コースをぐるっと周って小1時間。

ここまでずっと絶望的な曇り空だったのに、ここだけ青空広がる久住高原はいつもの[External]どこでもかふぇTONCHANへ。昨日から登場したスキーシーズン限定ブレンド350円をチョイス。ちょっと濃い目だが後味スッキリ。いわゆるキレがあるという感じかな。おかわりもいけそうです。青空が広がっているものの風が強かったので久住山荘の屋内に腰を下ろして小一時間雑談したあと帰投。

ファームロードを快速モードで駆け降り、帰りも往路と同じルートをノンストップで16時10分帰着。ノンストップとはいえ久住から2時間半というのは過去最速。ようやく冬がキター!!という感じの324kmの快感ツーリングだった。


[一語一絵]

インドネシアで大地震 / 2004-12-26 (日)

新潟県中越地震から2ヶ月、記憶が覚めやらぬ小市民を震撼させる大地震が発生。津波によってタイのプーケットなどにも被害が及んでいる模様。今の時期にあのあたりに行ってそうな知人の心当りは無いが、年末年始休暇などで東南アジアへ出掛ける予定の人は現地状況の確認が必要だろう。

[External]MSN-Mainichi INTERACTIVEによると

インドネシアのスマトラ島沖で26日午前8時(日本時間同10時)ごろ、マグニチュード(M)8.9の巨大地震が発生し、大規模な津波がスリランカやインド、タイ、インドネシアなどインド洋沿岸の少なくとも6カ国を襲った。AP通信などによると同夜現在、計約3400人の死者が確認されるなど甚大な被害が広がっている。
という事だ。なおM8.9という数字そのものは史上5番目の大きさだそうだが、
マグニチュード算出には複数の計算式があり、国によっても異なる。今回の地震で米地質調査所が発表した「M8.9」は「表面波マグニチュード」と呼ばれる指標だが、M8を超える巨大地震の場合は精度が悪くなるため、震源でずれた断層の面積や地盤の硬さなどを基に計算した「モーメントマグニチュード(Mw)」が実態に近い指標として使われる。

 この地震のMwは「8.2」で、昨年9月の十勝沖地震(Mw8.3)とほぼ同規模。Mwの最大記録は日本に津波被害をもたらした1960年のチリ地震で、9.5だった。
規模としては昨秋の十勝沖とほぼ同じという見方もあるが、いずれにせよ強烈な地震であり甚大な被害が発生している事には変わりない。

奇しくも並んだ阪神大震災「復興10年委員会」の記事は何かの暗示だろうか?

【参照】
●MSN-Mainichi INTERACTIVE http://www.mainichi-msn.co.jp/
スマトラ地震:津波死者1万人に迫る 邦人20人安否不明 2004/12/26
スマトラ地震:外務省、情報収集急ぐ 2004/12/26
スマトラ地震:大津波、無防備の人々のみ込む 2004/12/26
スマトラ地震:津波が発生しやすい「海溝型」=解説 2004/12/26
スマトラ地震:医療チーム20人をスリランカ派遣 政府 2004/12/26
阪神大震災:復興10年委報告 提言は459項目 兵庫県 2004/12/26
阪神大震災:復興費16兆3000億円 財源確保制度を提案−兵庫県委が検証報告 2004/12/26