YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2019-09-12 (木)


[一語一絵/ツーリング/2004]

阿蘇Express 39th - Starting Over - / 2004-12-08 (水)

今朝は昨日と打って変わって気持ちの良い青空。福岡市内でも5.9℃まで冷え込んで今シーズン最寒。だが、実のところこれでやっと平年値だそうだ。洗濯を済ませて9時過ぎにスタートし、いつものルートへ。天気はいいものの筑紫野から見渡す三郡山耳納連山は霞んでいるのはちょっと残念。遠くまで澄み渡った冬の景色も観たいのだが…。

さて今日は敬愛するジョンレノン没後24年の命日。遺作となった『Starting Over』のリズムを刻みながら土手ロードを快走。車検が済んだのとは無関係だろうが、何となく調子良く乗れている気がするので、日田で一息入れる時間も勿体ない感じで久々のR212へ。

絶品、トンカツ!
山水亭にて

松原ダムを過ぎたら黒煙を吐くトラックをミラーの彼方へ消し去り、R387を経て県道12号線へ。地理的には山里を結ぶ枯れた探訪路のはずだがオートポリスのアクセス路としてほぼ全線が2車線整備されたゴキゲンルート。ファームロード開通以来なかなか足が向かなくなって久しい。尾ノ岳北側のタイトコーナーもリズミカルにクリアしてイイ感じだが、日陰の路面はしっとり濡れててグリップ感が微妙に心細い、要注意だ。

ミルクロードに抜けると風が冷たくなったが、気にせず快走。腹ぺこ度合はライダーのモティベーションを上げるが、度が過ぎるとコンセントレーションを下げてしまう。故に大観峰で一息入れてクールダウン。

やまなみハイウェイ県道40号線でバカ正直に山水亭へ。今日は腹ぺこ全開なのでトンカツ定食(卵とじ風)1050円に白羽の矢。相変わらず容赦ないボリュームだが、飽きる事なくバクバク喰えちゃうところが地鶏卵の成せる業だ。

亀石峠の空
スカイ・ファームロードひたにて

この後は真っ直ぐ[External]どこでもかふぇTONCHANへ。今日はケニア2350円を頂いた。コクがあるのにスッキリしててケニア2が一番好きかも(^^)。

さすがに今日は声を掛けられる事はなかったが、3回連続で同じ常連さんと遭遇。年頃の女性だったら運命の赤い糸かも…♪と盛上がるとこだが、白髪のナイスガイというのがなんともはや。f(^^;; 風が無くて陽射しを浴びていると汗ばむような陽気についついまったり話し込んでしまい、気付いたら14時前

あとはシンプルにR442を経て黒川温泉へ。いつものように耕きちの湯…と思ったのだが、水曜は定休日というのを思い出してそのまま帰投。帰りは言わずもがなのファームロードを軽く流して日田一品街へ。トイレ休憩が必要になったということは少し寒くなったという事だろう。

いつものように筑紫野シェル天山SSで給油、ハイオク120円/Lとまたちょっと下がったようで何より。その後も順調に16時半に帰着。ちょっと遠回りしたつもりが291kmと意外と短かったが、何はともあれゴキゲンツーリングだった。

あまりに汚れて薄黒くなった赤ジャケットを洗濯。今シーズンは11月頭から着てたっけなぁ、と思って調べたらもう5000km。ひと冬分は優に走ってますがな。うわぁ。