YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2024-06-01 (土)


[一語一絵/ツーリング/2004]

阿蘇Express 34th - Young bloods - / 2004-11-20 (土)

今朝はおあつらえ向きな晴天。洗濯をちゃっちゃと済ませて9時前にスタートしいつものルート。休日にしては多めのクルマを縫うようにR3を駆け抜ける。まずは筑紫野市天山[External]シェルで給油。なんと今日はハイオク120円。4円も下げて周辺より10円も安くした英断は天晴だ。

久住高原
久住滑空場にて

朝靄に煙る筑紫平野は寒かったが、穏やか土手ロードはサクッと快走。日田一品街をパスして一気呵成にスカイ・ファームロードひたへ。往路はテンションを押さえた慎重な走りでロードコンディションのチェック。しかし土曜だと言うのに意外とクルマ・バイク共に少なく、ペースを乱される事なく快走。

こないだよりは暖かいものの山間部の空気は既に冬を感じさせる冷たさ。しかし、この冷たい空気を切り裂いて走るのがウィンターツーリングの醍醐味。石けんカスが固着した洗面器の如く、日々のモヤモヤが鬱積したハートをスッキリさせる特効薬だ。

例によって例の如く山水亭へ。今日は腹ぺこなのでとんかつ定食(卵とじ風)1,050円との対決。腹ぺこライダーをしても手強いボリュームだが、卵とじ風の絶妙な味付けが飽きさせる事なくペロリと完食できる逸品だ。

耕きちの湯
耕きちの湯にて

満腹ライダーはやまなみハイウェイからミルクロードに繋いでうぶやま牧場へショートカット。今日は阿蘇も靄っていてミルクロードからでも涅槃像も稜線が辛うじて見えるかどうかというところ。

県道40号線から県道131号線広域農道にスイッチする先日と同じ快走ルートをステップすりすりFun Ride。久住高原ゴルフ倶楽部から脇道へ外れ、久住滑空場を抜けてR442へ。

13時過ぎにいつものように[External]どこでもかふぇTONCHANへ。今日はマンデリンに初挑戦。強い苦味と深いコクが特徴なんだそうだが、よくわからなかった…f(^^;;。要は何でもいいのかも。いつしか暖かい陽射しに包まれてほんわか気分。阿蘇は全く見えないが。

14時にお馴染み[External]耕きちの湯へ。今日はちょっと白濁濃厚だったがかなり温かった。40分ほどまったり温まってから帰投。

ファームロード日田に抜けるいつものルートで17時過ぎに帰着。保温性インナーのおかげで往復とも2時間半ノンストップ、314kmの快適ツーリングだった。