YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2022-06-20 (月)


[一語一絵]

血圧計購入 / 2004-06-14 (月)

血圧計
オムロンHEM-630

入院中は血圧を計るのがちょっと楽しかった(他に楽しみが無かったとも言える)のだが、調べてみるとそれほど高いものでもなかったので自分でも買ってみた。

数ある血圧計から選んだのはオムロンの手首型自動血圧計HEM-630。手首型だと上腕型に対して測定値が不安定になるという話もあるが、どこにでも持って行っていつでも手軽に計れるメリットは大きい。

定価(税込)13,125円のところ[External]ヨドバシでは7,950円で売られている現行モデルながら、ラインアップ的には1世代前のもののようで、[External]どけち.com等で探せば意外と安く売っていた。[External]ドンキホーテで焦って買わなくて良かったよ....(^^;;

最安値では無かったものの、しっかりオンライン残数表示してたりWebサイトの出来が良かった[External]のぞいて屋で数量限定ながら4,725円で出ていた最後の1個をGet。送料840円と代引手数料315円を合わせても総額5,880円なり。

【参照】
●オムロンヘルスケア株式会社 http://www.healthcare.omron.co.jp/
オムロンデジタル自動血圧計 HEM-630ファジィ
●どけち.com http://www.dokechi.com/
●大阪日本橋激安電気店のぞいて屋 http://nozoiteya.com/


[一語一絵/ツーリング/2004]

阿蘇Express 15th - Best Season - / 2004-06-14 (月)

今日も予報どおりの絶好のツーリング日和。朝イチで千早病院へ出向いて保険請求に必要な入院証明書の発行を依頼。「2〜3日後に取りに来て下さい」という事で、ひと仕事片付けた後ちょい遅めの9時過ぎにスタート。

青空
梅雨の中休み

いつもとは違うスタート地点だが何も悩む事はない。JR千早駅の脇を抜けて博多バイパスに入ればこっちのもの、榎田を左折すればいつのもルートだ。

いちお病み上がりなので今日は休憩を多めに心がけ。日田で一息入れてからR210をさらに東へ。真夏は灼熱地獄となるR210もこの時期なら気分爽快。

断っておくが今日は遊びにあらず。退院療養計画書に明記された「仕事のストレスを解消する事」という指摘に沿った療養の一環なのだ。

九重からはエキサイティングなアップダウンと挑戦的なコーナーが続くテクニカルな四季彩ロードへ。右コーナーの荒れたバンプが、エキパイの傷と引き換えに病院のベッドで眠っていた魂を叩き起こす。

正午、計ったように朝霧へ。メニューを開く事なく「そばと唐揚げ定食」700円をオーダー。

絶景露天風呂
久住高原コテージ、満天望温泉にて

ジューシーな肉汁としっかりした歯応えの唐揚げは相変わらずのウマさ。退院して良かった、と思った一瞬だ。栄養士の教えに従いそばのつゆを残した事を除けば、いつもと同じように名探偵コナンを1巻読み干した後リスタート。

からやまなみハイウェイにスイッチ。何人にも邪魔される事なく牧ノ戸峠を越え、ゴキゲンに瀬の本を直進。

病み上がりなので短めに…と思っていたのだが、体調面では全く問題無いのでちょっと足を延ばして産山牧場経由久住高原コテージ満天望温泉へ。

露天風呂にゆっくり浸かった後ウッドデッキで阿蘇五岳を眺めつつまったりお昼寝。これも療養なので、水滴が乾いたらまたお湯へ、と繰り返すよく言われる温泉入浴法を実践。

緑萌ゆ、くじゅう
大分県久住町にて

広い露天風呂と素晴らしい風景を貸切にしてしまう贅沢を1時間半ほど満喫。木々の若葉や高原の牧草が一層深みを増して、文字通り緑萌ゆ景色が目に眩しい。暑くもなく寒くもなく、今が阿蘇くじゅうのベストシーズンだ。

湯上がりはイズミヤ「黒胡麻ソフト」ビタミンEを補充した後、R442瀬の本へ。先ほど通ったやまなみハイウェイを横切って黒川を通過。

田の原でステップを擦りながら右ターンしたらファームロードへ。国内トップクラスの高速ワインディングを快走。日田で一息入れた後、18時過ぎ福岡に帰着。

心配だった視覚障害の再発もなく、やっぱり青空の下を走らにゃでしょう、てな337kmのゴキゲンツーリングだった。