YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2021-10-27 (水)


[一語一絵]

いつかどこかで!! / 2004-05-07 (金)

GB嬢耶馬溪国東半島へ足を延ばすという事なので、中津へ抜けるオススメルートをレクチャーし東バイパスまで案内。「気をつけて、またいつかどこかで逢いましょう」という言葉と共に握手を交わしてお別れだ。

大観峰
5/5 大観峰にて

一方のTRIUMPH嬢は今夕のフェリーで帰投という事なので新門司港までお付き合いする事にし、取り敢えずうみなかから志賀島を軽く流してひと休み。「こんなステキなとこが手近にあっていいねぇ〜」と言われて鼻高々なり。

のんびりしてたら間もなく正午。お腹も減ってきたのでランチへGo!。やっぱり「玄海灘で獲れた新鮮なお魚も食べて貰わんとねぇ」という趣旨で芦屋町へとステアリングを向ける。

荷物満載のTRIUMPH嬢をミラーに観ながらホームコースを走るなんて予想だにしなかったシチュエーションはくすぐったい感じだが、腹ぺこライダーはR3をいいペースで移動して13時頃に到着。

筑前あしや「海の駅」は漁協直販だけに鮮度は折り紙付き。イカアジの活き造りを頼んだが、ピクピク動いているイカは当然のように透き通っていて甘い。ゲソは恒例に従い天ぷらの刑に処されてからお腹の中へ。豪快に捌いてあるアジも歯応えがあってウマい。プリプリのエビ天もウマかったし、味・ボリュームも予想以上で満足度高し。

筑前あしや「海の駅」 イカ活き造り1,890円アジ活き造り710円
営業時間 10〜18時 年中無休
芦屋町大字山鹿2291 TEL:093-223-5620

少し福岡方向へ戻って[External]宗像大社へ参拝した後、ウロウロしながらR3からR199へ。本城[External]かば田直営店に寄った後、若戸大橋を越えて17時半小倉駅へ。ちょっと時間は押しているものの最後はラーメンで〆ないとねぇ…というわけだが、予定していた門司港まで足を延ばす余裕が無くなったので代りに選んだのが小倉駅構内でラーメン店を集めた「らうめん横丁」だ。しかし九州の玄関口たる小倉駅構内に札幌ラーメンや山形ラーメンを誘致するのはいかがなものか?と思うのだが…

今回はその中から「筑豊ラーメン ばさらか」で数量限定の「あぶりトントロチャーシュー麺」840円をチョイス。麺は標準的な細麺で特に特徴を感じなかったが、脂が浮いたとろみのあるスープは臭くもしつこくもなくいい味。自慢のトントロチャーシューも確かにウマかった。[External]「ラーメン山小屋」に代表される筑豊ラーメンだが、どうやら「ばさらか」も同グループの新業態の模様。

R199から県道71号線を快速モードで抜けて18時半新門司港[External]オーシャン東九フェリー乗場へ無事到着し、今回のミッションは完了。定刻の19時10分に出港したおーしゃんさうすのデッキに立つTRIUMPH嬢「バイバイ、またいつかどこかでねぇ」といつまでも手を振って惜別。あまりに愉しかった3日間はあっけなく過ぎ去ってしまった。

【参照】
筑前あしや「海の駅」 http://www.kashibara.com/ (柏原漁業協同組合)
かば田 http://www.kabata.com/
●小倉ひまわり通り http://www.kokurahimawari.com/