YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2024-05-18 (土)


[一語一絵/ツーリング/2002]

気分乱高下 / 2002-10-17 (木)

今日も相変らずのいい天気で、久々の富士山を堪能できそうでワクワク。気仙君に見送られ7時前松戸をスタート。7月と同じく荻窪ピエロに向かう。が、前回は最短距離の環七が渋滞に悩まされて2時間半かかったので、今回は遠回りになるが比較的空いていそうな外環道の下を走るR298で首都横断に挑む。それなりにすり抜けは駆使したが、光が丘のマックまで1時間程で走破してまたしてもしてやったり。

しかし、肝心のピエロが定休日という悲劇に見舞われ意気消沈。とぼとぼと高井戸からR20で西へ向かう。またR20も混雑甚だしくモティベーションを大きくスポイル。取り敢えず八王子までは我慢して10時半高尾で休憩。記念すべき積算計80000km越えの瞬間を見逃してしまうほど早くも疲労困憊。しかし80km程度で3時間以上もかかるとは…もう首都圏は走りたくないねぇ。

なんかもうどうでもいいや〜と半ば投げ出しつつも取り敢えず富士山を観ようと西へ。大垂見峠を越えて神奈川県相模湖町に入り、相模湖を過ぎると山梨県上野原町。これで今日は一気に千葉、埼玉、東京、神奈川、山梨の5都県を走った事になるのだ。

ま、それはそれとして、東京を抜けて快走できたかと言ってもさにあらず。道幅に余裕の無い上野原鳥沢で工事による渋滞に悩まされ、結局朝の貯金を全部使ってしまう。あわよくば河口湖でランチと思っていたのに正午の放送を渋滞の列で聞く羽目に…。

紅葉
富士市富士スカイラインにて

結局13時過ぎ富士吉田市に疲れて到着。しかし肝心の富士山はガスって裾野しか見えずまたまた意気消沈。面白くなくなってウダウダしてたが、ここで足止めしててもしょうがないので取り敢えず今夜の宿を富士宮市ふもとの家ユースに設定する。モティベーションが下がってしまうとなんとなく人恋しくなってしまうな〜。

R139を西へ走り鳴沢村県道71号線にスイッチ。確か行方不明になった名古屋の女子大生が見つかったのがここだったかな…?交通量も少なくて走り易いが、両側を樹海に挟まれて寂しい道だ。そして一連のオウム関連騒動で全国区になった上九一色村を抜けて、静岡県富士宮市へ。

しかしこのままユースに転がり込むにはまだ早いので、ガスってはいるがダメ元で新5合目まで行く事に。Tシャツ一枚だったジャケットの下に長袖のシャツを着込んでアタック。富士スカイラインに入ると木々も段々と色付きを濃くしていて、料金所跡付近は間もなく見頃を迎えようとしている塩梅だ。ガスで光線状態が良くない為に写真写りが非常に悪いのが残念なのだが…。もちろんタイトなワインディングも楽しくて、交通量が極少なのをイイ事にフルパッキングの状態にも関わらずグイグイ倒して走り込む。修理したフロント周りも全く問題無い様だ。ゴキゲン度もそこそこ回復。

標高2400mの新5合目まで15分程で走破。案の定ガスっていて久々に肌寒い思いをするが、登り口の気温26℃に対してたぶん10℃以上は低いハズだ。温かい缶コーヒーがウマい。北海道と比べると大した事無い寒さなのだが、ここ数日の暑さで身体がすっかり忘れてしまったらしい。暫くぶらぶらしていると時折ガスが晴れて山頂まで見える事があるのもまた切ないのだが、まだまだ簡単に良くなる方向では無いらしく15分程で下山する。

17時半ふもとの家ユースに到着。ここは素泊まり2,500円のみの設定だが、自炊設備完備なので設備の整ったライダーハウスのようだ。しかし今夜のホステラーはお寺参りの女性一人だけとはちょっと寂しいなぁ。

今日は神奈川、山梨、静岡を走った事により、CBで乗り入れていない都道府県は沖縄県だけになった。v(^^)