YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2024-04-08 (月)


[一語一絵/ツーリング/2002]

雨ニモマケズ / 2002-10-08 (火)

中一日の休息日&洗濯日を挿んで、旅モード再開。昨日のNHKローカル放送「ほくほくテレビ」で紅葉がいい感じだったので、十勝地方へちょっと戻る事にする。

CBにサイドバッグだけ積載したところで朝メシを喰ってたらバラバラと大粒の雨が…(@_@)。予報とは裏腹に雲行き怪しいなと思ってレインカバーを装着していたので事無きを得たが、今日は慌ただしい天気になりそうだ。30分程待っていたら雨も上がって9時過ぎにスタート。

豊幌から長沼に出てR274石勝樹海ロードを東へと走るが、夕張に入る頃からまたしてもポツポツと雨。雲行きも思わしくないが遠くの雲は明るいので、ひと山越えれば大丈夫だろうとブーツカバー以外の雨具を装着してリスタート。

紅葉も見頃を迎えていい感じに色付いている。が、雨ではバイクを止めてカメラを向けるような余裕は無い。撥水シールドも既に効果無く、時々気休めに指ワイパーしながら辛抱の走りを続ける。が、一向に止む気配が無いので、新夕張でブーツカバーを装着する。

雨に濡れる紅葉もいいもんだなぁ、と自分を慰めながらR274石勝樹海ロードを注意深く走る。なんたってタイヤ交換したばかりだし。日高峠を下って安心してたら雨はいっそう激しくなり、しかもバケツでぶっ掛けるような対向車の水しぶきを頭から浴びてずぶ濡れ。

んな状態に軟弱ライダーはついにギブアップ。12時前に道の駅「樹海ロード日高」でヘルメットを脱ぐ。この先、予定通り日勝峠を抜けるか、諦めて苫小牧方向に逃げるか判断する為に情報検索システム「大地くん」で天気予報をチェックすると、日高は今日一日ずっと晴マーク。大外れやん。そうこうしている間に雨が上がって青空が…。ナメられてる?

しばらく様子見も兼ねて近くの日高食堂で新蕎麦500円を所望。メニューには蕎麦しかなくしかも地元民と思われる人でいっぱいだったので期待したのだが、ここも大外れ。ツユも蕎麦も全然×でんがな。憤まんやるかたない思いで、再び道の駅に戻ってコーヒーブレイク。ロードカメラでは日勝峠も雨は上がってるようなので予定通り峠越えを強行。13時にリスタートする。

豚丼
いっぴんの豚丼

日高から日勝峠までの区間も紅葉が見事だったのだが、ゆっくり眺めるのは帰りの楽しみに。殆ど雨に降られる事もなく峠をパス。峠を越えて飛び込んできた風景が期待通りクリアだったのでしてやったり。しかし、パーキングでトイレを済ませて出てきたらまたポツポツと雨....。慌ててヘルメットを被って一目散にダウンヒルし、見事に逃げ切る。2合目でミラーに映った峠は既に真っ白だった。

本来ならば然別湖の紅葉を観に行こうと思っていたのだが、山間部の天気はどう考えても不安定なので見送り帯広へ。新しい豚丼屋を開拓するのだ、というわけで西帯広セイコーマートでレジを打ってたカワイコちゃんオススメの店『いっぴん』へ。豚丼680円。いやぁ〜、まさしく珠玉の逸品。肉タレ共にウマかったっす。ムーンライトを越えた究極の豚丼(個人的主観による)と言って過言ではないだろう。

十勝豚丼 いっぴん 帯広市西21条3-5
TEL:0155-41-1789 11:00〜20:00

その後はお約束の六花亭本店へ。サクサクパイ100円レアチーズケーキ140円を所望する。しかし究極の豚丼に巡り合えたうえに、15時半を過ぎた時間でサクサクパイにまでありつけるとはなんたる幸運。雨ニモマケズ日勝峠を越えた甲斐があったというものだ。

それから愛国駅を経て、帯広市公設の無料RH大正カニの家へ。設備も整った立派なログハウスを無料で提供している帯広市の心意気に感謝。六花亭バンザイ、豚丼バンザイ、帯広バンザイ。