YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2021-10-27 (水)


[一語一絵/ツーリング/2002]

阿蘇Express 12th - fine blue - / 2002-08-20 (火)

消防車のサイレンで早朝5時に起され、3ヶ月ぶりの阿蘇エクスプレス6時半に発動。昨日買ったデジカメOLYMPUS C-300Zoomのデビュー戦としてはイマイチな曇り空だが、予報を信じて阿蘇は晴れているはずだ!

阿蘇涅槃図とCB
大観峰にて

スタートが早かったのでR3を下って熊本側からのアプローチを目論んでいたのだが、筑紫野まで走ったところで平日は7時にもなるとそれなりに交通量が多くなる事を思い知り、久留米の混雑を避けて第1チェックポイントを日田に変更。久々の筑後川土手ロードを快走する。しかし、石狩川を見た後では筑後川も小さいねぇ....。

空は青空が広がり強い陽射しに照りつけられるようになってきたが、見た目とは裏腹に袖口から吹き込む風は冷たい。まだ8月だと言うのにここ数日秋めいた気候で気温が上がらず、今朝もメッシュジャケットでは寒いくらいだ。日田一品街で足を止め、ホットコーヒーが欲しくてわざわざコンビニに入ったのに冷たいのしかないんでやんの…ちぇっ。甘木からのイナズマ1200氏と話をしながら一息入れた後、R210を東へ。

九重町から四季彩ロードを経て飯田高原へ。澄んだ青空の下、やまなみハイウェイ牧ノ戸峠を越えて一気に一の宮へ。そのままR57坊中へ周り、内牧で給油の後R212大観峰へ。ここも風が寒いくらい強かったのでトイレ休憩だけでリスタート。

豪快な日田広域農道
天ヶ瀬町出口にて

ミルクロードから再びやまなみハイウェイに戻り、12時前山水亭へ。さすがに夏の行楽シーズン、平日の昼前にも関わらずほぼ満席だ。例によって新定番の『あんかけ炒飯』をオーダーしたが、配膳まで30分を要する有り様だった。が、30分待つ甲斐がある逸品であった事は言うまでも無い。満腹。

ひごたい公園を抜けてR442へ。スカイパークあざみ台からの大展望に見とれて足を止めた後は再びR442を西へ。瀬の本交差点を直進し、黒川温泉をも素通りしてファームロードわいたへ。Pilot SportsからMACADAM50にグレードダウンしてから初ファームロードで、しかもフロントタイヤがもう終わりかけなのであまり熱くならないようにFun ride

14時半過ぎ日田へ。いつもならクラクラするような暑さに見舞われる時間だが、今日はこの時間でも風が心地好く感じる気持ちの良い暑さ。もう夏は終わりを告げてしまったのかな…?あとは来た道をおとなしく引き返して16時半に帰着。358kmのゴキゲンツーリングだった。

取締情報
日田広域農道天ヶ瀬付近、3ヶ所ある一時停止の2ヶ所目でパトカーによる取締を確認。要注意。