YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2022-12-03 (土)


[一語一絵/ツーリング/2002]

大空と大地の中へ、足寄にて / 2002-07-21 (日)

雨の天気予報とは裏腹に朝日まで射すようなお天気。5時半にスタートの3名を見送る。これだけガタガタして&相棒がスタートするネボスケZRXはお構いなしに布団の中。昨日もずっと昼寝してたし、ヤツはかなりの大物なのか、それともバカか?

三国峠からの絶景
三国峠にて

仕入れておいたパンで朝食を済ませ、CBにもオイルを注入して10時前にリスタート。昨日来た道を戻って旭川からR39へ。時折パラパラと雨が降るが、長続きしない。よしよし。すっきりした天気には程遠いが、雨が降らないだけで○だ。

日曜日の行楽客で賑わう層雲峡をパスし、12時45分に道内最高地点三国峠到着。ガスに視界を遮られる事もなく、雄大な樹海が広がる展望を楽しむ。もちろん、大雪山〜十勝連峰まで見えれば言う事ないのだが、そこまで贅沢は言うまいて。

そのままR273を帯広方向に下り、13時20分三股山荘でランチ。オススメの「なすと挽き肉のカレー」800円を頂く。リシリアンカレーを喰い損ね、ハヤシライスを失敗した後遺症か、無性にカレーが食べたかったのだ。f(^^;;

松山千春事務所
足寄町にて

再びR273を下って、糠平湖をパス。清水谷足寄へのショートカット道道468号線にスイッチするT字路で覆面パトとすれ違い、どっきり。大人しく走って芽登R241にスイッチ。今度は足寄湖を過ぎた登り坂で、登坂車線のクルマを追越している最中に反対車線側に待ち伏せのパトカー発見。速やかに減速し事無きを得たが、ヒヤヒヤものだった。15時半足寄町の市街地へ到着。。

まずは足寄駅の観光案内所で取り敢えずガイドマップを頂いた。さらにここの女性がなかなか可愛かったので、地図を見ればわかるところ敢えて松山千春の家を教えてもらう。f(^^;;

で、行ってみるとあちこちに「千春の家→」という案内板があり、足寄観光の目玉である事を思い知る。当の家は住宅地の中、それも創価学会足寄会館の向かい側にあって、もちろん「とかち新聞社」の本社でもあるのだが、三枚の似顔絵がある以外は取り立ててどうという事のない普通の家である。それでもYANOと入れ替わりに札幌ナンバーの若夫婦が見物にやってきていたが....

今夜の宿は雌阿寒温泉にある野中温泉YHだ。何も無いがひっそりしていてなかなか味のある場所だ。

本日の走行距離、259kmなり。