YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2022-09-24 (土)


[一語一絵/ツーリング/2002]

秘湯・名湯を巡る / 2002-06-20 (木)

今朝もなんちゃってキャンパーは、簡単にお湯を沸かしてカップヌードルで朝食。夜露とも無縁だったので撤収もサクッと終わり、ハーレー氏と「縁があったら北海道でまた会いましょう」と言葉を交わし、7時半に出発。

角館のローソンで朝のヨーグルト休憩の後、武家屋敷をちらっと冷やかす。そしてR46を田沢湖へ向かってると、後方から1台のハーレーが…!? 角館でのんびりしている間に追い付かれてしまったのだ。こんなに早く再会してしまうとは…っていうか、これは再会とは言わんだろう。やっぱり。10分程並んで走ったところでYANO田沢湖方面に分岐し、再びエールを交換して惜別。

露天、鶴の湯
乳頭温泉郷、鶴の湯温泉にて

R341から県道194号線を繋いで豪快にヒルクライム。10時乳頭温泉郷鶴の湯入口に到着。そこからさらに枝道を走ること15分で目的地の鶴の湯に到着。入湯料400円を支払い、4つの温泉を順に堪能する。どれもこれも特徴のあるお湯で実に効きそうな感じ。しかし、泉質以上にいいのが秘湯の秘湯たる雰囲気。こここそKing of Hitohという感じだ。まぁ人気の温泉なので平日でも客はひっきりなしに訪れているのだが。

田沢湖まで戻って12時20分に湖畔のハーブガーデンでランチ。久々にハーブティーでリラックスしようかな?と思っただけなのだが、ちょっぴり贅沢してサラダ&スープバーまで付いた1380円のランチを所望。1週間分の野菜を食べまくろうとしたが、だらしない事におかわり2回でギブアップした。

14時10分玉川温泉に到着。ビジターセンターの駐車場にバイクを駐め、15分ほど歩いて玉川温泉保養所の大浴場600円へ。Ph1.0〜1.2の強烈なお湯がピリピリと肌を刺激する。でも湯布院の塚原温泉よりはマイルドな気がするのは気のせいか?

その後は八幡平アスピーテラインに抜けようと思っていたのだが、天気が下降気味なので万全を期して見送り。野営地を探しながら鹿角市まで下ってしまう。

今夜は道の駅「かづの」に白羽の矢を立てた。回廊部分に屋根がついていて就寝中、撤収時にも雨に濡れる心配が無いのはありがたい。おまけにコンセントまであるし、言う事なし…。寝場所を内定したところで、少し戻って湯瀬温泉で今日最後の入浴タイム。熱めのお湯だったが一日の汗と疲れを落してお肌ツルツルだ。朝も6時からみたいなので明日も朝風呂しようかな…? ロビーでTVニュースをしばし観て18時20分に帰投。

なんちゃってキャンパー、今夜の夕食はほっかほっか亭の「ハンバーグステーキ弁当」。なんと今日は100円offで365円ときてるから嬉しいじゃあ〜りませんか。後はローソンでお約束のヨーグルトやら朝食用のパンを仕入れて道の駅「かづの」に到着。まずは食事を済ませてからテントを設営。時折降って来る雨も全く気にならないのは○だ。

本日の走行距離、186kmなり。

参照
乳頭温泉郷 鶴の湯