YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2021-11-27 (土)


[一語一絵]

人間万事塞翁が馬 / 2002-01-03 (木)

せっかく大晦日に洗車してキレイになったDEMIOが、元旦〜2日の風雪で水玉模様になってしまったので、水洗い洗車する為に[External]ファミリーユサ福岡東店に出掛けた。

サッと水洗いして再び輝きを取り戻したところでCB用のスパークプラグを購入する。ついでにDEMIOのワイパーがへたってきてたのを思い出して替ゴムも購入し、店頭でさっさと交換してトイレで手を洗って出て来たところ、バッテリーコーナーで下取りセールをやっているのを発見した。

そういえばDEMIOのバッテリーも4年選手だしそろそろ寿命かな?と思ってたところでもあったので、適合表で代替品を調べてみると40B19L4,980円となっている。古いバッテリーを1,000円で下取ってもらうと工賃500円を含めても実質4,480円。1万円前後かかるCBに比べたら随分と安いもんじゃん、という事で保険と思って早めの交換を決めて作業を依頼した。

が、交換作業を店内で待っていたら、実はDEMIOでもH9年式以前は容量の大きな50D20Lであるという事がわかり、価格は14,800円になるという。高くなった分下取りも2,000円になり実質13,300円になるのだが、1万円を大きく越える金額はハッキリ言って躊躇する額である。とは言え、年式まで確認しなかったのは自分のミスなので今さら「交換するの止めます」とも言えず、遅かれ早かれ交換しなければならないのだからと大人しく不足分を支払って交換。予想外の出費は痛かった。(;_;)

しかし、交換後は寒冷時に不調だったキーレスエントリーが生き返ったようにサクサク動くようになったという事から、バッテリーの劣化がだいぶ進んでいたのであろう事は疑う余地の無いところでもあり、正月早々よい勉強になった。