YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2022-12-03 (土)


[一語一絵/ツーリング/2000]

15th阿蘇 / 2000-12-09 (土)

今週は非常に眠く、今日は起きられないかな?と思ったものの、やっぱり悲しい性で7時に目覚める。しかも空は青空ということで、20世紀最後となる(であろう…)阿蘇エクスプレス作戦発動。

くじゅう連山を望む
やまなみハイウェイにて

いつものように8時半に出動。さすがに日田大山あたりの山陰は寒かったが、阿蘇外輪山に出る事には暖かい陽射しでポカポカ陽気。定刻通り11時大観峰到着。

風は刺すような冷たさは無く、温かい缶コーヒーで少し体を温めながら、冬ならではの透明感のある空と空気を全身で感じる。

休憩もほどほどにさっそくFun Ridingに身を委ねる。ミルクロードからやまなみハイウェイへ。ボーナス直後の週末なので買物が忙しいのだろうか、今日はバイクも車も少なくゆったりとゴキゲンな走りを堪能する。

瀬の本の交差点を左折し、12時黒川温泉大福食堂でお昼。「とり天定食」が1200円とちょっと高めの単価設定で「う〜む」と思う。だご汁も具は多いもののあまり好みでは無かったが、定食のおかず類は美味しくボリュームもあったのでいちお合格。女性ならすり鉢のような丼で出てくるだご汁単品(750円)で充分だろう。

標高750mの露天風呂からの風景
はげの湯温泉、山翠

腹一杯になった後はファームロードわいたでFun Riding 2nd stageを楽しみ、13時前にはげの湯温泉の旅館山翠(入浴のみ500円)へ。

一番高いところにある露天風呂へ。着替えていたら先客の背中の立派な般若が目に入って久々に躊躇する。が、「今日は気持ちいいねぇ。ごゆっくり〜」と声を掛けてくれるほど気さくなおっちゃんでYANOの杞憂に終わる。体中に立派な刺青が施されていたので名のある親分さんだったのかもしれんが。

13時40分に帰投開始。行きがけに通ったR212を戻るが、松原ダム手前から県道12号線へ回り道。いくつかの集落を抜けて県道674号線へと入り、五馬を経て14時40分日田に到着。R212が混んでたと思えば遜色無い時間かな?

今日は定番ルートを避け、夜明からR211で北に向かい、小石原を経て飯塚R201にスイッチするルートで17時福岡に帰着。ちょうど300kmのFineツーリングだった。

積算距離が39800kmとなったので、そのままファミリーユサに寄ってオイル&エレメント交換。その足でフチワキホンダに持ち込んでその他の点検&車検手続きを依頼し、年内のバイク系ルーティーンワークはほぼ終了。