YANO's digital garage

Copyright ©YANO All rights reserved. https://www.bravotouring.com/~yano/

Last-modified: 2024-02-12 (月)


[一語一絵]

世界が涙したあの日から20年 / 2000-12-08 (金)

1980年12月8日、中学校の音楽の課題であった『Yesterday』をやっと完奏し、意気揚々と帰宅したその夕方。いつもと同じようにスイッチを入れたFMラジオがジョン・レノンが凶弾に倒れ若くしてこの世を去った事を悲鳴のように繰り返し告げていた。ビートルズに触発されたばかりの少年はいつもと何ひとつ変わらない周囲を見渡し、あまりにも残酷な現実を思い知らされた。

ビートルズの解散から10年を経て、『ROCK'N ROLL』以来5年振りの音楽活動となる『ダブル・ファンタジー』をリリースした直後のあまりにも衝撃的な悲劇を世界が悲しみ、ありとあらゆるマスメディアがジョンの死を悼んで「イマジン」、「スターティングオーバー」を鎮魂歌のように流し続けたあの夜を今でも忘れる事ができない。

あの夜から今日で20年。歴史に「たら、れば」は愚問だが、もしあの時凶弾に倒れなければ、もっと銃規制が厳しければこの20年間にどれほど素晴らしい曲ができたのだろうかと思うとただただ悔しい。これもまた、自由の国アメリカ、なのだろうか....?